CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2019年07月26日

明るい人になりたいの?暗い人になりたいの?

IMG_20190711_084947111.jpg


私はお出かけの時、何かもらった時、ほめられた時など自分にとってうれしい出来事があると気分が舞い上がり、にっこにこの笑顔になります。逆に、怒られた時、注意された時、病気になった時など自分にとって都合が悪い出来事が起こると暗い表情になり、反発心が出たり、自分を責めたりして悲劇のヒロインになったかのようになります。

私はこのように2面性があります。

そのとき女性福祉センターの方から投げかけられた言葉が

「明るい人になりたいの?暗い人になりたいの?どっちなの?」

でした。

2面性は見ている人からしたら、常に自分の感情で表情、態度を変えていて、人を振り回している状態でとても心地よくない態度だと教わりました。そして、思いやりを持っている人は常に自分の感情をコントロールし、一定の態度で明るくいようとしていることを教わりました。

私はこの時初めて自分の感情の快、不快で態度をころころと変えていたことが分かりました。
アドバイスとして、「自分は明るい人間だ」と設定してみると良いと教わりました。今、私は実践中です。設定することで自分自身と向き合えて、自分の感情がどうなっているか少しずつ考えられるようになってきて、感情、態度のコントロールも少しずつできるようになってきたと感じます。


posted by 梓希 at 08:19 | Comment(0) | 気持ちと解決
この記事へのコメント
コメントを書く