CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年10月17日

興味をもてるようになりました

3696582_s.jpg


女性福祉センターでの生活では、毎日のようにピアノを弾いて、みんなで歌を歌っています。

以前のブログで書いたように、私はピアノを習っていたのですが、
トラウマで、もう二度とピアノを弾きたくないと思っていました。

しかし、女性福祉センターで楽譜を渡され、弾くようになってから、
演奏することは楽しいということを思い出し、再び、ピアノを弾き始めることができました。

また、楽譜にはコードが書いてあり、コードを使い、弾くようになりました。
最初はコードを簡単にして弾いていました。
しかし、弾いているうちに「このコードってなんだろう?」と疑問を持ち始め、
コードの勉強をし始めました。

勉強はYouTubeでしています。
優しく丁寧に、時には厳しく教えてくれる良い動画に出会いました。
「これにはこんなルールがあるんだ」「この和音かっこいい!」と思いながら
一つ一つ知っていくのは、とても新鮮な感じがします。
自分から興味をもって、学ぶことって楽しいなと思います。

「もうしたくない。苦手だ」と思っていたことが、女性福祉センターできっかけをもらい、
苦手を克服することができました。そして、自分から興味をもつことができ、
癒されていることを実感しています。ありがとうございます。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 12:00 | Comment(0) | 気持ちと解決
この記事へのコメント
コメントを書く