CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年10月14日

栗拾いとムカゴの収穫に行きました

3966287_s.jpg


すっかり秋になりました。
外に出れば金木犀の匂いがしたり、
近所の方からは栗を頂いたりして、秋を感じているところです。

そして、女性福祉センターの畑にも栗が落ちていて、
その近くの山にもムカゴが実っているだろうとのことで、収穫しに行きました。

畑では、栗のイガがたくさん落ちていました。
胸を躍らせ、見に行くと、見事に全て空っぽで、栗1つありませんでした。
少し残念な気持ちになりましたが「ムカゴを沢山採って挽回するぞー!」と
前向きな気持ちで山に向かいました。

しかし、ムカゴの葉っぱはチラホラと見かけましたが、
ムカゴを全く見つけることができず、帰ることにしました。

「今日は何も収穫できなかったな・・・」と思いながら帰っていると、
一昨年、家の近くの田んぼ道でムカゴを収穫できたことを思い出しました。
 
それで、そこに向かうことにしました。
よくよく見てみると、ムカゴがありました!
見つけたムカゴのツルをどんどん引っぱっていくと、ムカゴがたくさん出てきました。

とても嬉しく、本当に恵まれていることを感じました。
また、自然の中で夢中になって収穫するのは楽しいなと改めて思いました。

収穫したムカゴは、ムカゴご飯にして食べました。とても美味しかったです。

自然の恵みに感謝です。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 12:00 | Comment(0) | 農業と回復
この記事へのコメント
コメントを書く