CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年09月23日

掃除機が苦手だった(2)

Viber_画像_2020-09-21_09-33-10.jpg


前回のブログで掃除機が苦手だったのを克服した話をしたのですが、
再び、掃除機が苦手になっていました。リバウンド状態でした。

今度は、別のスタッフに相談しました。
「掃除機が苦手。」と話してみたところ、「コードレスは軽いよ。」
「掃除機はあんな画期的なものはないわよ。」「掃除機に感謝して使ってみて。」等、
教えてくださいました。

今では、掃除機を使わせてもらってありがたいな。と思いながら使ったり、
きれいになって、快適と思えるようになりました。
掃除機をかける前とかけた後では、歩いた時に、その違いが分かるようになりました。
最近の掃除機は、排気の匂いで嫌な思いしたり、重くて運べないとか、大きくて場所を取るとか、
紙パック交換等がないので、負担ないので、楽しいです。

掃除機は畳みの隙間のゴミも吸い取ってくれるので、
綺麗な環境で住めることは幸せな生活だと思いました。

暮らしのコツや知恵を与えてくださり、ありがとうございます。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 12:00 | Comment(0) | 生活と回復
この記事へのコメント
コメントを書く