CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年09月15日

乾燥機から学んだこと

3382089_s.jpg


私は、休日に、布団カバーや枕カバー、敷きマットを洗いたいと思い、
洗濯して、乾燥機にかけました。そのとき、ふと去年のことを思い出しました。
 
女性福祉センターに去年の冬頃、洗濯機と乾燥機がやってきました。
その時、メンバーと一生懸命説明書を読み、乾燥機を使ってみたのを思い出した。
それで、恥ずかしい話、初めて乾燥機を使うことができ、感動していました。
 
私は、学生寮で1人暮らしを3年前していました。
自分の部屋には洗濯機がなく、コイン式の洗濯機を使っていました。
いつも、3日分溜めた衣類を洗濯していました。
ある日、外が大雨で湿気もすごかったため、乾燥機を使ってみることにしました。
私は、洗濯した全てのものを乾燥機に入れ、回しました。
そして、「ピーピー」と乾燥が終わった音がしたので、見に行くと、
全く乾いていませんでした。私は「え?何で?」と驚きました。
驚きながらも、もう一度掛けてみることにしました。
結果、それでも乾いておらず、部屋干しにしました。
 
説明書を読んで、乾燥機は、容量に対して7割の洗濯物量で乾燥させるのが良いと書いてありました。
独り暮らしの時の私は、乾燥機がパンパンになる程入れて乾燥させていました。
なぜ乾燥されなかったのか、その原因が分かりました。
また、この時の私は、調べようとせず、使い方が分からないまま使いました。
また、学生寮で寮母さんもいました。いつも「何か困っていたら声を掛けてね。」と優しく声を掛けてくださる方でした。
しかし、私は人を頼ることができず、寮母さんに尋ねて、使い方を教わることができませんでした。
今となると、人に尋ねて教わることがとても大切だと思えます。
 
女性福祉センターに来て、家事について学ぶチャンスがたくさんあります。
その度、1人暮らしの時疑問に思っていたことや困っていたことも解決していきます。
感謝です。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。


posted by 梓希 at 12:00 | Comment(0) | 生活と回復
この記事へのコメント
コメントを書く