CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年09月05日

大切なところで寝てしまう

3660223_s.jpg


私は、大切なところで眠たくなってしまうことが多々あります。
それを自己分析してみるといいよ。と教わり、自己分析してみました。
自己分析は、病気を治す可能性もあるそうです。
実際、便秘の人のカウセリングとして、「便秘にしてしまう自分」と
「しっかりした自分(聞き役、意見する役)」で対話をするという自己分析によって、
便秘が治ったとのことです。

私は、ノートを活用しました。
まず、「寝てしまう」と書きました。
そして、分岐をしていくと、寝てしまう自分の言い訳が出てきました。
その言い訳を改めて見てみると、おかしいなと思いました。
すると、しっかりした自分が出てきて、
「自分で寝ていいと許可をしているよ。自分に甘くなっているよ。」
と指摘が浮かんできました。
そして、寝てしまう自分としっかりした自分が一つになったように
「それはやめたいね。頑張りろう!世の中には睡眠時間が長くても短くても、
そんなこと関係なくしっかり働いている立派な人がたくさんいるよね!
睡眠に関係なくシャキッとできる人になろう!」と答えが出ました。
 
私は、眠たいのは睡眠時間が足りないからなのでは?とずっと思っていました。
しかし、実際にはそれは関係なく、やはり自分の心の問題でした。
たくさん課題としていることを、自己分析を活用し、解決してみようと思いました。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 12:00 | Comment(0) | 気持ちと解決
この記事へのコメント
コメントを書く