CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年08月18日

町巡りをしました

20997.jpg


先日、町巡りをして、自分が住んでいる町を更に好きになりました。

約1週間前、仲間から「町巡りをしたい」と希望がありました。
それで、行きたい場所をピックアップしてもらい、ルートを決めました。

気温は38度でとても暑い日でした。
しかし、雲一つないきれいな青空の中、景色を眺めながら行くのはとても気持ちがよかったです。

町巡りでは、山をずーっと上り、飲めるくらいきれいな水が流れている川に行ったり、日本一の清流の公園に行ったり、ロゴハウス村の近くの親水護岸で遊んだり、棚田が一望できる場所に行ったりしました。

たくさん写真を撮りました。また、感動したり、笑ったりもしました。

私は、自分は孤独だ、自分のことは自分にしか分からない、1人でいる方が楽だと思っていた頃がありました。
そのときは、人と何をするにしても、楽しいと感じることができず、いつも疲れていました。
しかし、それは自分の弱さを誰にも言えず、隠していたことが原因だとわかり、その弱さを理解してくださる皆さんと過ごしていくうちに、人といる時間が温かいと感じることができました。
 
なので、町巡りで行く1つ1つの場所がとても良い思い出の場所となりました。

他にもたくさん美しい場所があるそうなので、行ってみたいです。

温かい出会いと癒しをくれる自然に感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。


posted by 梓希 at 09:59 | Comment(0) | 生活と回復
この記事へのコメント
コメントを書く