CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年08月08日

夏場のドリンク

3507103_s.jpg


私は体をよく動かす仕事をしています。
それで、メンバーはいつも気にかけてくださっていて飲み物についてもたくさんアドバイスをくださっていました。

夏場の飲み物にはクエン酸とビタミンCを入れたらどう?梅干しを水に入れてもいいよ等

しかし、実際にやってみましたが、私の口には合わず、続けることができませんでした。
 
それで、麦茶や水を持っていっていました。

ある日、私にアドバイスをくださっていたメンバーがそれの様子を見て心配し、「夏場のドリンクについてもっと考えたほうがいいよ」と言ってくださいました。しかし、私はそこで「同じアドバイスを何回もうけている。また、心無いことをした。」と頭をグルグルと自分を責め、無表情、無反応で家を出て、せっかくアドバイスをくださったメンバーに悲しい思いをさせました。善意を悪意で返すような態度でした。

あとから、この出来事を振り返ったとき、私はコミュニケーションをとれてなかったことに気づきました。アドバイスを頂いたら、とりあえずやってみようと実践し、アドバイスをくださった人に感謝と報告をして、またアドバイスを頂いて、実践する。このコミュニケーションがなかったからいつまでも相手を心配させていたのだと思いました。

コミュニケーションは続くんだよ。キャッチボールなんだよ。と会長に教わったことがあります。コミュニケーションをつないで、心をたくさん通わせられる人になりたいと思います。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 23:04 | Comment(0) | 生活と回復
この記事へのコメント
コメントを書く