CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年08月01日

毎日、同じように過ごす日々

IMG_20200801_082219121.jpg


学生時代、平日学校で、土日祝は休み
新人社員時代、平日は仕事、土日は休みという生活でした。

会長に出会ってからは、毎日、時間を決めて、同じように過ごすことを教わりました。
女性福祉センターに来てからスタッフの方に「訓練と思って取り組んでみて。」と教えをくださり、日々訓練と思って、過ごしてきました。

スタッフの中で、年中無休ですと言っているのを聞いて、そんなに体力あるんだ。すごいなと思っていました。
私自身も、毎日同じように過ごす訓練を繰り返していくうちに、心も体も安定してきました。

前の私なら土日は、稼ぎ時だから働こうとか、イベントやボランティアに行くとか
反対に、ダラダラとテレビを見て過ごすとか、とりあえず休日は、3食食べるだけでいいみたいな
裏表のある生活をしていました。
何をしても続かなくて、あきっぽい私でしたが、毎日同じような生活が送れるようになりました。
人としてあるべき姿を教えてくださり。ありがとうございます。
感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 22:34 | Comment(0) | 生活と回復
この記事へのコメント
コメントを書く