CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年07月13日

いただきもの

IMG_20200713_142916.jpg


昨日、近所の方から、立派なナスと万願寺唐辛子を沢山頂きました。

万願寺唐辛子はししとうのように時々辛いものが混じっているそうです。
また、ししとうが小さい理由も教えていただきました。

ししとうはあの大きさまでしか育たないのではなく、
あの大きさで収穫するのだと教えて下さいました。
本当はもっと大きくなるけれど、皮が固くなるので、小さいうちに収穫してしまうそうです。
万願寺唐辛子は、大きくなっても皮が固くならないそうです。

さて、去年の私は、落ち着いた心で他人と会話することができませんでした。
近所の方とも、シェアハウスの方々とも、落ち着いた心で向き合うことができませんでした。
私が何を言えばいいか、どう返事すればいいか、何を質問すればいいか、そのことで頭がいっぱいでした。目の前の相手のことを考えられませんでした。

今では、この人は何を伝えたいのか、何を言っているのか、何がしたいのか、そのことに思いを向けられるようになりました。すると、返事は自然と出てくるようになりました。

明るく、温かい生活をくださりありがとうございます。
皆様に感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 美琴 at 14:37 | Comment(0) | 食生活と回復
この記事へのコメント
コメントを書く