CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年06月30日

健康診断

Viber_画像_2020-06-29_21-48-47.jpg


最近、健康診断に行きました。

それで、レントゲン写真を見たとき、先生から脊柱側彎症だと言われました。これは2年前の健康診断から言われていたことです。なので、やっぱり!と思いました。

しかし、自分の身長を見たとき、1年前の健康診断の時より、1センチ伸びていました。

もしかすると脊柱側弯症が良くなりつつあるのかもしれないと思いました。

それは「よくなるよ」という前向きな声を皆さんからかけてもらったり、自分の姿勢がどうなっているかを教えて頂いたりしたからだと思います。それで、自分でも姿勢を意識し始めたり、「よくなる」という前向きな気持ちになったりすることができました。

仕方ないと思っていたことも気持ちや考え方、意識によって変わることを実感しました。

これからも「よくなる」という希望を持ち、自分の姿勢について意識していきたいと思います。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 22:27 | Comment(0) | 気持ちと解決
この記事へのコメント
コメントを書く