CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年06月24日

部分日食

3505763_s.jpg


日曜日は部分日食でした。

こちらでは夕方4時から見えるということで、朝食の時に話題がでてました。

夕方4時半頃、社長から声を掛けて頂き、メンバーで外に出ました。
それで、サングラスを3つ重ねてみたり、緑色の下敷きをあててみたりして日食をみました。

日食は、ほんの数秒だけですが見ることができました。
太陽の下の部分が月に隠れ欠けていました。
「見えた?」「どんな?」と言いながら、サングラスや下敷きをまわして日食を観察したのはとても面白く楽しい時間となりました。

私は家族と何かを一緒にする、楽しむという経験が少なかったことを女性福祉センターで知りました。
だから、女性福祉センターではメンバーといろいろなことを経験し、自分から話せることも増え、たくさんの感情を知り、癒されていきました。

あたりまえの経験ができたことに感謝します。
次は私が癒しを与えられる人になりたいと思います。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 14:19 | Comment(0) | 生活と回復
この記事へのコメント
コメントを書く