CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年06月14日

ひよこが殻を割りました。

ブログ用写真_200614_0158.jpg


島根県では、梅雨入りしましたね。

さて、孵卵器で温めていた卵が孵化し、7羽が誕生しました。
毎回、どうやって産まれるんだろうと不思議でした。

孵卵器の卵を見ていると、様子に変化がありました。
卵の殻が小さくはがれていました。
この後、一羽産まれていました。
見てはいないのですが、くちばしで突っついて殻を割って出てきたものと思います。
産まれてすぐの雛は、毛が濡れていて、毛の色が茶色です。
毛が乾かないうちは、歩くこともできず、寝ていたり、起き上がったりしていました。

産まれたてのひよこはとても可愛いです。
ピヨピヨだったり、ピーピーだったり、鳴いているのが聞こえてきて、
私自身が元気になれます。

鶏の飼育をしていくには、知識や技術がいると思うので、日々学びを深めていきたいです。
成鶏になっても健康でいられますように。


写真は殻を割った所のひよこです。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 21:47 | Comment(0) | 農業と回復
この記事へのコメント
コメントを書く