CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年06月12日

梅雨入りしました

Viber_画像_2020-06-11_23-18-23.jpg

 
昨日から私たちが住んでいる地域も梅雨入りしました。
先日まで見ることができた蛍も梅雨に入ると見られなくなるとのことです。
しかし、家の近くには田んぼがあります。
田んぼでオタマジャクシからカエルになったモリアオガエルがたくさん出てきて、可愛くて癒されています。

さて、梅雨となると低気圧で血圧が下がりやすかったり、ジメジメしたりします。
私は天気に気分や体調が左右されやすかったです。
雨の日は、気分が落ち込みやすかったり、一日中眠い状態が続いたり、憂鬱だったり...

しかし、それは自分をコントロールできていないからだと女性福祉センターで教わり知りました。
  
自分の状態に気づいてからは、雨の日こそ体操をして体を動かしてみたり、「明るく元気に過ごせますように」と唱えてみたりすることにしました。

すると、毎日気分も体調も変わらずに過ごせているような気がします。
これからも続けていこうと思います。

これからも、雨の日も晴れの日も天気に左右されず、毎日明るく元気に爽やかにすごせますように。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 21:05 | Comment(0) | 生活と回復
この記事へのコメント
コメントを書く