CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年06月08日

魔法の言葉(料理前)

ぶろぐ.jpg


料理に集中できず、時間内に作り終えるのか、
美味しい料理ができるのか不安な気持ちがありました。

日々を振り返ってみると、心を落ち着けたり前向きに考えることで、
料理がさらに美味しくなるのだと思いました。
このように思ったのは、会長からお台所にも神様がおられる。という本を
紹介してもらったのが、きっかけでした。

料理前に自分への声掛けを始めています。
以前、私は料理を始める前に何も言わず、黙々と焦った様子でだったのですが、
スタッフから「心を落ち着かせてから料理したら?」と教えて頂きました。
さっそく、料理前にお茶休憩を入れました。
その他には、「今からお料理始めます。」や「今日のメニューは○○です。」と
声に出し始めました。

最近では、
「今日も、時間内に料理が終わりますからありがとうございます。」
「美味しい料理が作れますから、感謝します。」
「食卓が笑顔になりますように。」
と言うようになりました。
スタッフの人と一緒に言う時もあれば、心の中で言う時もあります。

今では、心の余裕ができ、会話をしたり、協力して料理ができるようになりました。
食卓では「美味しいね。」「どうやって作ったの?」という会話になりました。
お台所と食卓時間が楽しいです。
毎日、楽しみを持てる生活に感謝しています。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 16:55 | Comment(0) | 食生活と回復
この記事へのコメント
コメントを書く