CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年05月11日

調理時間

2666078_s.jpg


地域では田植えが始まっている田んぼが見られるようになってきました。
もう夏が近づいているんだなと感じます。

さて、シェアハウスでは、ブログメンバーで料理を作るのですが、段々と調理にかける時間が短くなってきています。

始めたばかりの時は、2時間前や2時間半前から作り始めて、ご飯の時間に間に合わないときもありました。レシピ本を確認しながらの調理で、どのくらい時間が必要なのか分からず、どこをどうやって協力するのかも、あまり分かっていませんでした。早く作り始めないと、気持ちが落ち着きませんでした。

今では、1時間半や1時間前に作り始める日もあります。レシピ本は分量を見る程度になってきました。
まだ、力不足で、失敗してご飯時間に間に合わない日もありますが、1時間前でも、3人で分担して、声を掛けあって協力しあえば、ちゃんと作り終わるのだと学びました。

時間に間に合うようもっと工夫し、協力しあって、手早く丁寧に美味しいご飯を作っていきたいと思います。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

タグ:時間 調理 協力
posted by 美琴 at 14:42 | Comment(0) | 食生活と回復
この記事へのコメント
コメントを書く