CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年02月15日

自他分離

ブログ用写真_200215_0086.jpg


私は自分が自他分離できていないことを知りました。
それは先日の話です。私は会長から朝食後「テーブルを拭いてもらってもいい?」と聞かれ、「すみません」と答えました。会長は、書類をテーブルで書きたくてお願いしたのに、私は食器を下げてすぐにテーブルを拭いていなかったことを指摘されたと思いました。

このことから、私は自他分離が難しくなっていること。人はいつも自分や相手の問題解決をしようとして一生懸命生きていると教わりました。

相手の立場になって考えたとき、一生懸命生きている中で、頼んだことを勝手に指摘されたと解釈して、謝られると、嫌だなと思いました。

また、健康にのびのびと生きている方は、自他分離がしっかりとできているとも教わり、知りました。相手は相手、自分は自分と認識し、それぞれが一生懸命生活していて、自立していくことだと理解し、尊重している。それが、思いやりであるとも知りました。

自他分離をするためには、自立をしていくことだとヒントを頂きました。まず、小さなことでの自立を積み重ねていきたいと思います。そのとき、自分自身と向き合い、私が私自身を自立できるように育てていきたいです。

posted by 梓希 at 13:47 | Comment(0) | 気持ちと解決
この記事へのコメント
コメントを書く