CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2019年07月14日

人を傷つけた過去を持つ方へ(2)

niwas.jpg

私は手紙を書いて送っています。手紙は自分が過去に傷つけた、ひどいことをした家族や友人に送っています。内容は謝罪です。

一人一人に書く度に、自分の行いのひどさが胸を突き刺します。
だから、努力し優しい人間になりたいと思えます。



手紙を書こうと決める前、私は自分が傷つけた家族や友人に会いに行き謝罪しようとしました。しかし女性福祉センターの方から「突然会って、許してもらおうなんて考えてはいけないよ。相手の気持ちもわからないうちに突然行動して、困らせてしまうかもしれないよ。あなたのわがままになってしまうよ。また人を傷つけるよ」と言われ、無意識に「会って謝れば許してもらえる」と思っていて、自分の利益のために会って謝ろうとしていることに気づきました。自分の無意識に恐ろしさを感じました。

手紙の案は女性福祉センターの方が出してくださいました。「心の成長には、自分を許すことがとても大切なんだよ。だけど、そのままでは難しいよね。その前に自分が悪かった、許してくださいと他の人に向かって伝える心と行動がないと先に進まないよね。そのために、自分が傷つけた相手に対して、今の気持ちを手紙を書いてみてね。」と教わりました。

手紙を書くことを大切にしていこうと思います。
posted by 梓希 at 12:06 | Comment(0) | 気持ちと解決
この記事へのコメント
コメントを書く