CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年02月02日

悲しみを和らげることの大切さ

9059.jpg


先日、大根の収穫しに畑に行きました。
雪や雨が降ったら止んだりしていたときだったので、 
土がしっとりしていて、固まっていない状態でした。
先端まで、すっぼりと抜けました。

以前、私は、収穫の仕方を失敗して、
生産者の方を悲しませたことがあります。
大切に育てていた作物だったし、
命があるものだからと
涙を流されている姿を見ました。

私は、涙が出ませんでした。
心がなくて、どれだけの悪いことをしたやつなのかと
私はおかしい人なのだろうと思いました。

それから数年たった今、
私は作物というのは、生き物だから、
自分を扱うのと同じことのように思えてきて、
大切にしたいと感じるようになりました。
時期が過ぎたりして、枯れてしまった作物を見て、
寂しいような悲しいような気持ちになりました。

昔の失敗は、記憶から中々消えません。
以前の自分がはずかしく悲しい気持ちが残っていますが、
時間が解決してくれることもあるそうです。
失敗したから成功というのが分かる。
という一面もあることを知りました。

失敗を引きづっても何も良い事はない。
今、自分がどんな気持ちなのか。
失敗したことを引きづっていないか。
自分と向き合えるようになったことに感謝し、
自分と向き合う時間を大切に過ごしたいと思います。

タグ: 大根 失敗
posted by 木春菊 at 22:43 | Comment(0) | 農業と回復
この記事へのコメント
コメントを書く