CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2019年10月22日

親から嘘をつかれて育った結果

IMG_20191014_083708.jpg


親から嘘をつかれて育った子について、理事長から教わりました。

親の嘘や理不尽に対して怒ることをせずに、
「何か理由があったんだろう」と自分に言い聞かせ納得することそのものが、
私自身の思いやりを壊していったのだと理解しました。

理不尽や嘘に理由をつけて正当化してしまうことが常になると、
自分が理不尽な行動をしてしまったとき、「○○だったからだろう」などという
言い訳が出てくるのだと分かりました。

そのようなできごとの積み重ねで、自分や他人の理不尽な物事を正当化する言葉で満たされ、
素直さを失っていったのだと分かりました。
そうやって自分を正当化する人に育っていくのだと分かりました。

理不尽や嘘は絶対に許されてはならないと感じました。

自分の中だけで理由付けすることを辞めて、必ず相手に確認できるひとへ。
理不尽や嘘に敏感で、おかしいことはおかしいと、はっきり言えるひとへ。
そのような人へと、私は変わります。

posted by 美琴 at 19:59 | Comment(0) | 気持ちと解決
この記事へのコメント
コメントを書く