CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年11月 | Main | 2021年01月»
自治の本質は・・・。 [2020年12月31日(Thu)]
(1048)
 自治の本質が何であるかは既に述べました。
 それは、力や武器によって得られるものでは絶対にないのです。
 


 インド民族運動の過激派の人たちに対するガンディーのへのメッセージ(1045)の続きです。
 自治の本質については、(608)などで述べられていました。すなわち、「自治とは、自分自身を統治することである」というのがガンディーの持論なのです。
 だから、彼にとって問われるべき主要な問題は、インド人ひとりひとりの精神のあり方と生活実践なのです。そう考えれば、「自治を獲得するために暴力は必要ない」と彼が主張するのも当然だと思います。必要ないどころか、暴力の行使はまさに自治に逆行する行為だということになるでしょう。
 そうは言っても、ガンディーは各自の内面的な問題だけに目を向けて、社会的な問題を無視したり軽視したりしていたわけではありません。イギリスの不当な支配に憤り、多くのインド民衆が苦しみから解放されることを切実に希求する気持ちは大いに抱いているのです。ただ、そのような社会的な問題であっても、その本質的な解決は決して外的な力によってなされるのではなく、ひとりひとりの意識と行動によってしか克服することはできないという考えなのです。
 そして・・・
12月定例学問会の報告(7)一番大切なものは・・・? [2020年12月31日(Thu)]
 6日の定例学問会の報告の続きです。
 
●子どもと関わる仕事をしていたら・・・・。
●その純真さに、心を洗われる思いがしたりとかもするのでしょうね?
●案外、そうでもないかも。
●小学校低学年のある子にとっての「一番大切なもの」は・・・。
●やっぱり、お金。

 そして・・・
                (つづく)
第115回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1) [2020年12月30日(Wed)]
 今日は、第115回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」を開催しました。
 R君、今日のテーマは何ですか?
 「今日のテーマは、・・・最近、ある小説を読んだんですけど、その小説を読んでの感想なんですが・・・」
 ほお・・・。
 「その小説には、こんな人とあんな人が出て来て、それで、ああなって、こうなって、そうしたら、こういうことになって・・・それで結局、こんなふうになったんですが、それで、この人がこんなことを言うんですよ」
 それは、粗筋でしょ。君の感想は全然なかったよ。
 ・・・

                       (つづく)
自治・独立は、敵を倒すことによって実現するのではない。 [2020年12月30日(Wed)]
(1047)
 ですから、もし仮にあなたがたがイギリス人を追い出すことに成功したとしても、それだけでは決してあなたがたが自治を獲得したとは言えません。



 過激派に対するガンディーのへのメッセージ(1045)の続きです。
 過激派の人たちは、「我々はインドの自治を望んでいる。その実現のためには、力ずくでもイギリス人を追い出さなければならない」と考えていたようです。(624)
 けれども、ガンディーは、「インドの自治を望むのは私も同じだ」と共感を示しつつ、「しかし、たとえイギリス人を追い出したとしても、それでインドの自治が実現するわけではない」と言うのです。同様の趣旨のことは、イタリアの独立運動が話題になっていた時に、「オーストリアの軍隊が撤退した後、イタリアにとって実質的な良い変化は何もなかあった(646)」と述べられていましたね。
 さらに、ガンディーは・・・
 
自治は、ひとりひとりが自らの努力によって。 [2020年12月29日(Tue)]
(1046)
 インドの自治は、インド人ひとりひとりが自らの努力によってつかみ取らなければなりません。他人から与えられたものは自治ではありません。それでは、外国による統治と同じことになってしまいます。
 ・・・



 過激派に対するガンディーのへのメッセージ(1045)の続きです。
 彼はまず、「自分たちは、インドの自治という目標を共有する同志である」という立場を明確にします。インドの自治を望み、その実現を目指しているという点では、過激派の人々もガンディーもまったく変わらないのです。
 問題は、それをどうやって実現するかです。過激派の人たちは、暴力を含めた手段によってイギリス人を排除することによってインドの自治・独立を果たそうとします。しかし、「それでは自治を実現したことにはならない」とガンディーは言うのです。
 このことは、(611)で既に述べられていました。すなわち、「自治とは自分自身を統治することであり、このような自治は必ずひとりひとりが自らの経験によって成し遂げなければならない」というのが彼の持論なのです。
 そして、ガンディーは続けて・・・
第114回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(5) [2020年12月29日(Tue)]
 23日の第114回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の最終回です。
 
●試合で勝つことが部活動の目的なのか?
●部活動は楽しむためって言ってたけど、何が部活の楽しさなの?
●何かを思った、それから、どうするか?
●思っていないことは、言わない方がいい。


 第115回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」は、明日、12月30日(水)の18時からです。
それは、政治闘争や暴力闘争によって得られるものなのか? [2020年12月28日(Mon)]
(1045)
<編集長>
 過激派の人たちには、こう言いたいと思います。
 「あなたがたがインドの自治を望んでいるということを私は知っています。しかしそれは、あなたがたが求めることによって得られるというものではないのです。
 ・・・
 
 

 「あなたは両派の人々に対してどのように言うおつもりなのですか?」という若い読者の問い(1044)に対して、編集長(ガンディー)はまず過激派へのメッセージから語り始めます。
 「過激派」というのは、「インドがイギリスからの独立・解放・自治を勝ち取るためには、暴力に訴えることも是とする。そして、実際に暴力的な行動を起こしたり、起こそうと企てたりしている人たち」のことです。もちろん、非暴力主義者のガンディーはまったく違った考えを持っています。(659)では、「インド国民が実際に武力による闘争を選ぶことはないし、そうしない方がいい」と言っていました。
 しかし、彼は過激派を激しく非難したり糾弾したりするのではなく、まず彼らと自分との共通点・一致点を示します。それは、「あなたたちも、私も、インドの自治が実現することを願っている」ということです。つまり、敵対者としてではなく、同じ目標を共有する同志として語り合おうとするのです。
 そして・・・
第114回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(4) [2020年12月28日(Mon)]
 23日の第114回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●部活で気になるのは・・・。
●試合で勝つことに貢献できなかった人が責められてしまう。
●いわゆる、勝利至上主義。
●負けた責任を負わされた人はかわいそう。
●部活の意義は、楽しむことじゃなかったっけ?

 そして・・・

          (つづく)
今週の予定 [2020年12月28日(Mon)]
 今週の予定です。
 2021年を良い年とすることができますように。


【小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ】
 第115回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」
 日時  12月30日(水)
     18時〜18時45分
 場所  下川町公民館2階会議室
 内容  参加者の希望に応じて
  

 すべて、誰でも参加できます。どうぞよろしくお願いします。



穏健派と過激派に対して・・・ [2020年12月27日(Sun)]
(1044)
<読者>
 では、あなたは両派の人々に対してどのように言うおつもりなのですか?



 「あなたは、第三の党派を立ち上げようとしているのではありませんか?」という若い読者の質問に対し、ガンディーは「そのような考えは毛頭ない」と否定し、さらに、「私は穏健派にも過激派にも奉仕したい」(1043)という信念を示しました。
 そこで、若い読者は上のように質問を変えて、「では、決して対立はせずに奉仕したいと考えているが意見の相違もある両派(過激派と穏健派)に対して、あなたはどのようなメッセージを伝えたいと思いますか?」とガンディーに尋ねるのです。
 これに対して、一体ガンディーはどう答えるのでしょうか。この章が最終章であることから考えると、今までの主張を要約あるいは総括したような言葉が提示されるのではないかという気がしますが・・・
| 次へ