CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
3月23日子ども特別ゼミの報告(4) [2020年03月31日(Tue)]
 3月23日の子ども特別ゼミの報告の続きです。

●ゲームのように勉強する。
●問題の攻略法を考える。
●でも、それで一体どんな能力が測定できるのか?
●勉強にどんな意味があるか、それを知るために勉強してみる。
●勉強には意味がない。そう言うためには・・・。

 それから・・・
                           (つづく)
魂の力を用いて戦えば、侵入者に滅ぼされることもない。 [2020年03月31日(Tue)]
(779)
 しかし注意してほしいのは、この先住民たちが自らを防衛するために魂の力を使わなかったということです。
 


 「オーストラリアの先住民(アボリジニ)は、侵入者たちによってほとんど殺され尽くしてしまった(778)」と述べた後、ガンディーはこのように付け加えます。
 つまり、イギリス人の武力によってアボリジニがほとんど滅亡寸前の状態にまで追い詰められてしまったのは、決して武力の強弱で民族の存亡や盛衰が決まるということを意味するわけではないと彼は念を押しているのです。
 確かに、この事例は「弱い国は強い国に亡ぼされる」ことの証明であると解釈することもできます。そう考えると、「やっぱり、国を守るためにはそれなりの軍事力を持っていなければならない」という結論が導き出される可能性もあるでしょう。しかし、もちろんガンディーの意図はまったくそうではありません。
 「魂の力を使えば、どんな強大な武力を持つ国にも決して負けることはない」というのが彼の信念なのです。
 そして・・・
第173回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(7)興味深い日本文化のルーツ。 [2020年03月31日(Tue)]
 3月18日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●鵜飼。
●歌垣。
●羽衣伝説。
●神社の鳥居もあるらしい。
●大昔から、いろんな交流や人の移動があったのでしょうね。

 そして・・・

                  (つづく)
第76回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(4) [2020年03月31日(Tue)]
 25日の第76回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の最終回です。
 
●自分の頭の中で枠を作ってしまって・・・。
●その枠の中に当てはまりそうな答えを探そうとすると・・・。
●当然、視野が狭くなってしまう。
●創造的な思考もあまりできない。
●自らの生活体験に根差した思考を。


 第77回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」は、明日、4月1日(水)です。
オーストラリアの先住民は侵入者たちによってほとんど殺され尽くしてしまいました。 [2020年03月30日(Mon)]
(778)
 王たちからの攻撃を受けた人々は滅亡の憂き目に遭いました。
 一例を挙げるならば、オーストラリアの先住民は侵入者たちによってほとんど殺され尽くしてしまいました。



 「もしも人間の歴史が戦争の連続であったとしたら・・・」という話の続きです。
 (776)では、「そのような戦争の歴史が仮に人間世界で起こってきたことのすべてであったとするならば、きっと我々はとうの昔に滅亡していたに違いない」とガンディーは述べていました。
 そこで彼は、戦争によってある民族がほとんど滅亡の憂き目に遭った事例を取り上げます。オーストラリアの先住民は 「アボリジニ」と呼ばれる人たちです。18世紀末にイギリス人が侵入し、その後の百年余りの間にイギリス人に殺されたり彼らが持ち込んだ感染症によって多くのアボリジニが命を失い、その人口は数十万人から7万人に激減してしまったそうです。特に、タスマニア島では純潔のアボリジニがほぼいなくなってしまったとのことです。
 ちなみに、ガンディーがこの本を書いた時代はアボリジニが最も絶滅の危機に瀕していた時期のようです。現在では、およそ65万人にまで人口が回復し、オーストラリアの総人口の約3パーセントを占めているそうです。また、侵略の歴史は公式に誤りであったと認められ、先住民の権利も尊重されているそうです。
 さらに、ガンディーは・・・
第173回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(6)モチ。 [2020年03月30日(Mon)]
 3月18日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●粘性の高い品種(モチ種)が開発された。
●モチ、チマキ、おこわ。
●モチ製品を儀礼や接客などの際のハレの食品として用いる慣行。
●中国人はモチ米は好きでないらしい。

 そして・・・

                  (つづく)
今週の予定 [2020年03月30日(Mon)]
 今週の予定です。
 

 【楽しく学ぶ歴史ゼミ】
 第173回楽しく学ぶ歴史ゼミ
 日時  4月1日(水)
     12時半〜14時
 場所  西町キャンパス
 内容  安史の乱以降の唐


【小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ】
 第77回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」
 日時  4月1日(水)
     18時〜18時45分
 場所  下川町公民館2階会議室
 内容  参加者の希望に応じて
  

 すべて、誰でも参加できます。どうぞよろしくお願いします。
この世の物語は戦争と共に始まったのだろうか? [2020年03月29日(Sun)]
(777)
 この世の物語は果たして戦争と共に始まったのでしょうか? けれども、もしそうだったとしたら、今日に至るまでなお命を保つことのできている人など一人もいなかったはずです。


 
 「もしも人間の歴史が戦争の連続であったとしたら、我々はとうの昔に滅亡していただろう
(776)」と述べた後、ガンディーはさらにこう続けます。
 もしも、人間の社会に争いが付き物なのであれば、人類の歴史は戦争の連続だったということになります。その場合、「この世の物語は(少なくとも人類にとっての物語は)戦争と共に始まり、戦争と共に進展してきた」ということになるでしょう。
 しかし、果たして本当にそうなのでしょうか?
 ガンディーは言います。「もしも人間が戦争だけを繰り返してきたのなら、つまり、破壊と殺し合いだけを行ってきたのなら、人類は一人残らず死に絶えていたであろう」と。
 確かに、戦争は何も生み出しません。一方が他方から奪うことはあったとしても、生産や創造はないのです。にもかかわらず、これだけ戦争が繰り返されてきたのになおも人類が生き延び、しかも繁栄してさえいるということは、それはもちろん戦争において破壊されたもの以上に生産的な営みが積み重ねられてきたからだと言えるでしょう。(少なくとも、現代までは)
 そして・・・
第76回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3) [2020年03月29日(Sun)]
 25日の第76回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●学校で、挨拶と言葉づかいを学んだ。
●学校は、挨拶と言葉づかいを学ぶ所なのか?
●ところで、教育とは本来どうあるべきものなのか?
●ここで、行き詰ってしまうR君。

 それから・・・

          (つづく)
第173回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(5)偉大な発酵文化。 [2020年03月29日(Sun)]
 3月18日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●柑橘とシソ類の栽培と利用。
●麹を用いて酒を醸造する方法。
●ミソ・納豆などの大豆の発酵食品。
●ナレ寿司。

 そして・・・
                  (つづく)
| 次へ