CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年07月 | Main | 2019年09月»
インドの先人たちは小さな村で満足することにした。 [2019年08月31日(Sat)]
(572)
 都市には泥棒や強盗の集団がいくつもあり、売春その他の悪徳が栄えている。貧しい人々は豊かな人々から搾取されるばかりだ。
 そのように気付いたので、インドの先人たちは小さな村で満足することにしたのです。



 「大都会は人々を誘惑する罠であり、無用の長物だ(571)」と述べた後、ガンディーはさらにこう続けます。
 農村・山村・漁村に住む人々は、第一次産業で生計を立てています。自然の恵みは万民に対して平等ですから、土地の私有などの不平等を生み出す社会的要因がなければ、それほど大きな貧富の差は生じないでしょう。人々は基本的に家族などのコミュニティを単位として自給自足の生活をしていますから、お金もほとんど必要ありません。
 そして、みんながお金を持っていなければ、当然のことながら泥棒も強盗もいないのです。また、様々な遊興や歓楽をお金で売るような産業も発生しません。
 だから、「都市では悪徳が栄える」とガンディーは言うのです。多くの現代人は、小さな村は停滞や衰微の象徴、そして大都会を見れば「繁栄している」とか「活気がある」などと思うでしょうが、「大きな都市で何が栄えているのかをよく考えてみよ。人の道に反した悪しきものばかりではないか。物質的な豊富さや豪華さと共に様々な悪徳が繁栄している蔭で、真に価値あるものは傷付けられ、忘れ去られ、まさに衰亡の危機に瀕しているのではないか?」と彼は問い掛けているのではないでしょうか?
 そして・・・

第51回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(4) [2019年08月31日(Sat)]
 28日の第51回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●排他的経済水域って、外国の人はそこに入っちゃいけないってことかな?
●え、どうしてそう思うの?
●「排他的」っていう文字が入っているから、そんな感じかなあと思った。
●じゃあ、「経済」は無視したの?
●物事は、総合的に見なければならない。
●言葉は丁寧に扱おう。

 それから・・・

          (つづく)
大都会は人々を誘惑する罠である。 [2019年08月30日(Fri)]
(571)
 我々の先人たちは、さらに都市というものについても考えました。
 大都会は人々を誘惑する罠である。そこに住む人は決して幸福にはなれない。都市というものは、人間にとってまさに無用の長物なのだ。



 「真の文明とは何か」についてのガンディーの話の続きです。
 「我々は機械の奴隷になってしまう(568)」と、機械による便利快適を求めても決して人間は幸福になれないと指摘した後、彼の批判の対象は都市に移ります。
 確かに、「文明」を意味する英語は"civilization"です。だから、「文明とはすなわち都市化である」と言ってもよいのです。都市ができるということは、それだけ社会の生産性が高まり、人口が増え、かつ分業が進んだ証拠と言えるでしょう。そこから、学問や科学技術の進歩、産業の発展、社会システムの複雑化などが生じるわけです。
 しかし、「真の文明とは決してそのようなものではない」とガンディーは考えるのです。彼は主張します。「これもまた、インドの偉大な先人たちがその英知によって見通したことなのだ。インド人は大都市を建設することができなかったのではない。大きな都市に住むことは人間にとって望ましいことではないと彼らは悟ったのだ。だから、多くのインド人は都市ではなく小さな村に住み続けたのである」と。
 さらに・・・
第51回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3) [2019年08月30日(Fri)]
 28日の第51回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●どうして、領土問題は譲れないのか?
●排他的経済水域が狭くなっちゃうからかな?
●それもあると思うけど、それだけじゃないだろうね。
●沖ノ鳥島がなくならないように工事をしているって教科書に書いてあった。
●ところで、排他的経済水域って何だろう?

 ここから、話がずれていって・・・

          (つづく)
第159回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(5)ファーティマ朝。 [2019年08月30日(Fri)]
 21日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●アフリカには、シーア派の政権ができた。
●チュニジアにできたファーティマ朝。
●その後、エジプトのカイロを首都にした。
●イスラム世界の大都会に発展するカイロ。
●イタリアのシチリア島も支配したファーティマ朝。

 そして・・・
                  (つづく)
しもかわ読書会8月例会の報告(4)清貧を尊ぶ思想。 [2019年08月30日(Fri)]
 「しもかわ読書会」8月例会の報告の続きです。
 
●西行、吉田兼好、本阿弥光悦、池大雅、松尾芭蕉、良寛など。
●これこそが日本文化の精髄。
●清貧を尊ぶ思想の伝統が、物質万能の風潮に対抗している。
●本阿弥光悦は超一流の芸術家だったが、富貴を求めず簡素な暮らしをした。
●光悦の母も偉かった。

 そして・・・     
                               (つづく)
第51回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) [2019年08月30日(Fri)]
 一昨日の第51回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●今回のテーマは、日本の領土問題について。
●北方領土、尖閣諸島、竹島でしょ。
●どうして領土問題があるのかな?
●同一の場所に関して、2か国以上が領有権を主張しているから。
●それなら、一方が相手に譲ればいいんじゃないの?
●そういうわけにも、いかないのですよ。

 それから・・・

          (つづく)
第159回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(4)コルドバ。 [2019年08月29日(Thu)]
 21日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●イベリア半島には、後ウマイヤ朝があった。
●アッバース革命の時、ウマイヤ家の人が西に逃れて建国した。
●スペインとポルトガルは、イスラム圏だった。
●後ウマイヤ朝の首都は、コルドバ。
●ヨーロッパで一番の大都会だった。

 そして・・・

                             (つづく)
人間が幸福と健康を得るためには・・・ [2019年08月29日(Thu)]
(570)
 なぜなら、「人間が幸福と健康を得るためには、自分の手足を本来定められているように正しく用いなければならない」ということを彼らが理解したからです。



 「真の文明とは何か」についてのガンディーの話の続きです。ここでは、「機械は決して人間を幸せにしない」ということが論じられています。
 機械を使えば、人間は楽になります。しかし、楽になるということは決して幸福の増大を意味しないとガンディーは言うのです。手足を使ってこそ、人間は健康になれる。自らの身体を働かせて様々な価値を生み出してこそ、人間は真の幸いを得ることができる。このように彼は主張します。
 このような考えは、トルストイの民話「イワンの馬鹿」にも見られます。(「イワンの馬鹿」研究ゼミの(185)(313)などを参照してください)ちなみに、トルストイはガンディーより41歳年上で、手紙のやり取りなどもしています。
 それから・・・
しもかわ読書会8月例会の報告(3)最も誇りうる日本の文化とは? [2019年08月29日(Thu)]
 「しもかわ読書会」8月例会の報告の続きです。

●現世の富貴や栄達を追求する者ばかりでなく・・・。
●ひたすら心の世界を重んじる文化の伝統がある。
●現世での生存は能う限り簡素にして・・・。
●心を風雅の世界に遊ばせることを、人間の最も高尚な生き方とする。
●今の日本や日本人を見ていてはあまり感じないかもしれないが。

 そして・・・
         (つづく)
| 次へ