• もっと見る
« 2024年04月 | Main | 2024年06月»
去勢牛を使った油搾り。 [2024年05月06日(Mon)]
(1080)
 村の向上にとって中核になるのはチャルカであると私は考えています。村で活動を行う者は、その村で綿布作り以外のどんな手工芸が成功を収められそうかを見極めなくてはなりません。
 これらの手工芸の中で第一に挙げられるのは、去勢牛を使った油搾りでしょう。マガンワディではその仕事に科学的な改良が加えられているので、活動者はその技術を習得する必要があります。
 ・・・



 村の産業についてのガンディーの話の続きです。
 村で行われる伝統的な手工業にはいろいろありますが、その中でも特に、チャルカ(糸車)を使って糸を紡ぎ、手織り機(ばた)で織って作る綿布(カディ)をガンディーは重視しています。詳しくは、「第19章 カディと糸紡ぎ」第19章(カディと糸紡ぎ)を参照してください。
 マガンワディというのはインドのどこかの地名でしょうが、残念ながら詳しいことは分かりません。
 去勢牛は、(875)などで出て来ましたね。
 それから・・・
今週の予定 [2024年05月06日(Mon)]
 今週の予定です。
 

【定例学問会】
 5月定例学問会
 日時  5月12日(日)
     12時〜15時頃
 場所  モレーナ
 内容  参加者の希望に応じて


 誰でも参加できます。どうぞよろしくお願いします。
しもかわ読書会4月例会の報告(7)では、どうすれば良いのだろう? [2024年05月06日(Mon)]
 「しもかわ読書会」4月例会の報告の最終回です。
 
●しかし、一体どうすれば自治ができるようになるのだろう?
●公区・町内会・自治会。
●コミュニティは、どのようにして再生・創造されるのか?
●やっぱり、顔の見える関係が大切ですよねえ。
●考えても、答えは出ない。
●考えるよりも、実践の試みをしてみよう。
●だから、「パンケヌカナン村」なのですよ。
 

 「しもかわ読書会」5月例会は、今日、6日です。
| 次へ