• もっと見る
« 2024年03月 | Main | 2024年05月»
村の産業を成り立たせるためには・・・。 [2024年04月30日(Tue)]
(1074)
 村で行われる他の産業は、カディに仕える小間使いです。それらはカディなしでは存在することができません。
 そして、カディも、それらの産業がなければ威厳ある存在ではあり続けられないでしょう。
 村人たちの手によって作られる小麦粉、玄米、石けん、マッチ、皮革製品、油・・・これらの生活必需品を生み出す産業がなければ、村の経済は決して成り立たないのです。
 ・・・
 
             (「ハリジャン」1936年5月16日)



 これも、村の産業についてのガンディーの論説です。
 「カディの小間使い」というのは、もちろん比喩です。「村を太陽系だとすれば、カディは太陽であり、ほかの産業は惑星である(1068)」と言っていたのと同じ趣旨でしょう。それだけ、彼はカディ(手紡ぎ・手織りの布)を重視していたのです。
 しかし、カディ以外の村の産業を守る必要性についても彼はこのように強く訴えています。要するに、村単位での自給的な経済が村の自治のために欠かせない条件であるということだと思います。
 そして・・・
 
来週の予定 [2024年04月30日(Tue)]
 来週の予定です。
 

【しもかわ読書会】
 しもかわ読書会5月定例会
 日時 5月6日(日)
    13時〜14時半
 場所 下川町公民館2階会議室
 内容 未定(「何かやりたい」という人がいたら、学長までお知らせください)


 誰でも参加できます。どうぞよろしくお願いします。
しもかわ読書会4月例会の報告(2)複合危機の時代、だからこそ・・・。 [2024年04月30日(Tue)]
 「しもかわ読書会」4月例会の報告の続きです。
 
●戦争、インフレ、気候危機ばど、さまざまな困難が折り重なって、一筋縄では何も解決しない危機の時代に突入している。
●その事実には、誰もが気付いているはずだ。(はい、気付いています)
●多くの要因が絡み合ったこの複雑な危機を、魔法のように一気に解決することはできない。(そうですね)
●それでも、いや、だからこそ・・・
●<コモン>の再生とその共同管理を通して「自治」の力を育てていかねばならない。
●うんうん。分かります。

 そして・・・

                     (つづく)
| 次へ