• もっと見る
« 2024年03月 | Main | 2024年05月»
報酬の高い仕事をやめてまで、そうしなくても良い。 [2024年04月05日(Fri)]
(1049)
 しかし、より報酬の高い職業に就いている人もいるでしょう。そういう人にまで、「今の仕事をやめて零細な事業を始めなさい」とは私も決して言いません。
 糸車に関してもそうでしたが、私は、今職がなくて生活に困っている人にのみ、これらの仕事を始めて苦しい生活の助けにしてほしいと呼び掛けているのです。
 ・・・
 


 小さな産業の振興を図るための国民運動を呼び掛けるガンディーの文章(1048)の続きです。
 彼は、「職のない人は、村で行われる小規模な産業に従事しなさい」と勧めています。しかし、決して既に職業を持っている人に、好条件を放棄してでも、そのような仕事に転職しなさいと言っているわけではないのです。
 このように、ある面では非常に原理主義的で頑固な所も見せるガンディーですが、現実的で柔軟な態度を示すこともあるのです。
 それは、彼の目標が常に民衆の生活を良くすることに置かれているからでしょう。理想的な社会を実現するためであれば、民衆に多大な犠牲を強いても良いとは決して彼は考えないのです。
 そして、さらに・・・
しもかわ読書会3月例会の報告(8)援助のあり方について。 [2024年04月05日(Fri)]
 「しもかわ読書会」3月例会の報告の続きです。
 
●最先端の機械や設備を置いて行っても・・・。
●それが壊れたら、まったく使えない。修理もできない。
●自分たちで作り、自分たちで維持管理し、壊れたら修理して、長く使える方がいい。
●与える援助ではなく、現地の人々の力を引き出す援助。
●用水路の堤防を守るために、木を植える。
●自然と闘い、征服し、制御しようとするのではなく・・・。
●自然との和解・自然との共存を目指す。

 そして・・・
                       (つづく)
| 次へ