• もっと見る
« 2024年03月 | Main | 2024年05月»
小さな産業を守ろう。 [2024年04月03日(Wed)]
(1047)
 しかし、このような苦しみに喘いでいる産業はカディだけではありません。だから、私はあなたがたに言います。小規模で、零細で、組織化されていないすべての産業に目を向けてください。今日、これらには社会的な支援が必要なのです。もしも、彼ら自身に代わって誰かが努力しようとしなければ、これらの産業は地上から消滅してしまうかもしれません。そうならないように、どうか力を尽くしてください。
 現在、市場には大企業の製品が溢れています。そのために、小さな産業がその外に押し出されつつあります。このような産業が、あなたがたの助けを求めて叫び声を上げているのです。
 
            (「Cent Par Cent Swadeshi」1958年) 
            
 

 「飢えに苦しんでいる大衆を救うためには、カディを復活させることが必要だ」というガンディーの話(1046)の続きです。
 手紡ぎ・手織りの綿布(カディ)を大変重視するガンディーですが、ほかの産業も大事であるとここでは力説しています。しかし、ほかの産業でも、彼が特に保護を呼び掛けているのは「小規模で・零細で・組織化されていない」産業です。
 その理由は、カディの場合と同様、「集中化はどうしても暴力性を帯びるので、非暴力の社会を創造するためには小規模・分散型の社会を目指さなければいけない(295)」からだと思います。
 ただし、決して彼は組織化を全否定しているわけではありません。村人たちの「協同」というものも、彼はとても重視しているのです。(779)
第241回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(8)元。 [2024年04月03日(Wed)]
 3月13日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●フビライハンは、都をカラコルムから大都(今の北京)に移した。
●そして、国名を中国風の「元」に改めた。
●フビライは南宋を攻めたが、なかなか滅ぼせなかった。
●朝鮮半島では「三別抄の乱」などの反乱が起こる。
●フビライは海を渡って日本を征服しようとするが失敗(文永の役)。
●南宋を滅ぼした後、再び日本に出兵(弘安の役)。

 そして・・・

                  (つづく)
3月定例学問会の報告(7)地域のこと、いろいろ。 [2024年04月03日(Wed)]
 3月定例学問会の報告の続きです。
 
●道北の物資輸送について。
●歯医者さんについて。
●銭湯について。
●大きくなるのはいいことか?
●バイオマスについて。

 それから・・・
                (つづく)
| 次へ