• もっと見る
« 2024年03月 | Main | 2024年05月»
飢えに苦しんでいる大衆を救うためには・・・ [2024年04月02日(Tue)]
(1046)
 彼の言うことはもっともでした。しかし、私は彼にこう答えました。
 「私は、手紡ぎ・手織りのカディを人々に勧めようと思っています。それは今まであまりにも軽視されてきました。しかし、職を得られず飢えに苦しんでいる大衆を救おうとするなら、このカディを是非とも復活させる必要があるのです」
 それを聞くと、彼は大層戸惑っているようでした。
 ・・・
 
       
 
 ガンディーとファザルバイ氏の会話(1045)の続きです。
 ファザルバイ氏は、スワデシ運動のことを単に国産品を買ったり使ったりすることを推奨する運動だと思っていたようです。それに対してガンディーは、「そうではない。手紡ぎ・手織りのカディを自らの手で作ろうとすべてのインド人に呼び掛けるのだ」と答えたのです。
 つまり、彼の狙いは「外国への富の流出を防ぐ」ためだけでなく「都市による村の搾取をなくす」(699)ためであり、「お金の経済の呪縛から自由になり、物質文明の外に出て、これに対抗して人間らしい社会を築いていく(999)ためなのです。
 そして、これに続けてガンディーは・・・
| 次へ