• もっと見る
« 2022年08月 | Main | 2022年10月»
家族への奉仕を通じて、人類社会全体に奉仕する。 [2022年09月25日(Sun)]
(499)
 そうではなくて、私は自らの努力を家族に対する奉仕に集中させた方が良いのです。そして、彼らを通じて国全体に奉仕していると考えるのです。あるいは、もしもその気になるならば、人類全体に奉仕していると考えることも可能でしょう。
 ・・・



 経済のスワデシに関するガンディーの意見の続きです。
 「スワデシは(自分の地域の利益だけしか考えないので)利己主義である(496)」という批判に対して、ガンディーは上のように述べて反論します。
 つまり、スワデシというのは決して「自分の属するコミュニティの利害を優先的に考慮し、その外の社会的な問題については無関心であっても構わない」ということではないのです。
 そうではなくて、自分の属するコミュニティのために奉仕することを通じて、より広範囲のコミュニティに奉仕するのだということです。
 社会というものを本質的に対立的なものだと考えれば、何かを大切にするということは別の何かを犠牲にするということになるかもしれません。しかし、それが本来調和的なものであると考えるならば、身近なコミュニティとより広範囲のコミュニティの利益を同時に追求するということも可能なはずです。
 そしてまた、各個人にとって身近なコミュニティの利益のために奉仕することの方がずっと自然であり、妥当性や有効性が高くなると考えられるはずなので、そうすることが社会全体の利益に貢献するための最適な手段でもあるということになるのではないでしょうか?
 そして・・・
9月定例学問会の報告(2)塩狩峠。 [2022年09月25日(Sun)]
 9月定例学問会の報告の続きです。
 
●塩狩駅は、三浦綾子の小説「塩狩峠」の聖地。
●多くの人が、今も塩狩を訪れる。
●「塩狩峠」の映画もある。
●名寄も出て来るんだけど、あまり知られていない。
●「塩狩峠」を現代版で映画化したら?
●松浦武四郎を大河ドラマにしたら?

 そして・・・

                (つづく)
| 次へ