• もっと見る
« 2022年07月 | Main | 2022年09月»
ガンディーのカースト制度肯定論。 [2022年08月16日(Tue)]
(459)
 カースト制度という巨大な社会の仕組みは、共同体の宗教的な要請に応えただけではありません。それは、政治的な必要性に応じるものでもあったのです。
 村人たちは、カースト制度によって村の中の政治をうまく運営していました。そしてまた、村の外の支配者あるいは支配者たちから受ける圧力に対しても、カースト制度によって対処していたのです。
 ・・・
 


 「政治の分野におけるスワデシ」についてのガンディーの話の続きです。
 「支配者と言っても、すべてを支配していたわけではない(457)」と述べた後、彼はカースト制度に言及します。カースト制度と言うと不合理で非人間的な身分制度というイメージがありますが、ガンディーはそれをかなり肯定的に評価しています。ここでは、「支配者からの圧力から村の自治を守る機能をカースト制度が果たしていた」という歴史的な役割が評価されているようです。
 しかし、もちろん差別や不平等はなくすべきです。最終的には、「差別的なカースト制度は廃止されなければならない(218)」とガンディーも言っています。
 しかし・・・
しもかわ読書会7月例会の報告(9)賞賛や誉め言葉は有害。 [2022年08月16日(Tue)]
 「しもかわ読書会」6月例会の報告の続きです。

 ●肯定形の決め付けも、否定形の決め付けと同じく相手を非人間的に扱うこと。
 ●肯定的なフィードバックをご褒美として与えることは破壊的な行為ではないか。
 ●大半の生徒や社員は褒められると頑張るようになったという調査結果もあるが・・・。
 ●その効果はほんの束の間に過ぎない。
 ●操作する言葉、人に何かをさせる手段。
 ●報酬と懲罰は、どちらも人をコントロールするための手段。

 それから・・・
                       (つづく)
| 次へ