CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年05月 | Main | 2022年07月»
法律家は、喧嘩を煽り立てるのではなく鎮めるようにせよ。 [2022年06月20日(Mon)]
(400)
 もしもあなたが法律家であるなら、あなたの才能を用いて解決すべき意見の相違や口論がインドにはたくさんあります。
 決してそれらを煽り立てて一層問題を大きくするのではなく、人々の間の喧嘩を鎮めるようにしてください。もしも訴訟が起こっているのならば、どうかそれを中止させてください。
 ・・・
  

 
 「才能は、金銭を得る手段としてではなく、国に対する奉仕のために用いてください(398)」という話の続きです。その具体例として医療者の次に挙げられるのは、法律家です。
 ただし、ガンディーの考える法律家の役割とは、「法律を武器にして自分の顧客を法廷闘争において勝たせること」ではありません。その反対に、「争いをやめさせること」なのです。
 もちろん、それでは受益者となる顧客から報酬を得ることは難しくなりますが、弁護士はあくまでも特定の人の利益ではなく公共の利益のために働かなければならないというのが彼の考えなのです。
 これも、「ヒンド=スワラージ」の中で述べられていましたね。
 ちなみに、ガンディー自身も若い頃は弁護士として働いていたのでした。
 それから・・・
      
今週の予定 [2022年06月20日(Mon)]
 今週の予定です。


【しもかわ読書会】
 しもかわ読書会4月定例会
 日時 6月24日(金)
    15時〜17時
 場所 下川町公民館2階会議室
 内容 未定「何かやりたい」という人がいたら、学長までお知らせください。


 誰でも参加できます。どうぞよろしくお願いします。


6月定例学問会の報告(1)変わる社会、変わる学校。 [2022年06月20日(Mon)]
 昨日は、モレーナで6月定例学問会を開催しました。
 
●近代学校は、富国強兵のために作られた。
●時間を守る、集団行動、読み書きと計算能力。
●決められた時間に決められたことを学ぶ。与えられた課題を無批判に遂行する。
●工場労働者と軍人にするために必要なこと。
●しかし、産業界が求める人材も、戦争のやり方も大きく変わった。

 そして・・・

                (つづく)
| 次へ