CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年05月 | Main | 2022年07月»
長期的な視点で、国を豊かにするために必要なことを考える。 [2022年06月06日(Mon)]
(387)
 しかし、長い目で見れば、その方が少ない支出で済むだろうと私は確信しています。
 現在この国では浮浪者と言われるような人々が急増してどの都市にも溢れかえっています。これがますます等比級数的に増えていくことを望まないのであれば、是非ともそうするべきなのです。
            (「ヤングインディア」1925年8月13日) 



 貧困問題についてのガンディーの論説の続きです。
 「単に食べ物の支給を行うだけの施設ではなく、各自に労働の場を提供した上で生活支援も行う施設が必要だ」「しかし、その方がかえって多くの費用を必要とするだろう」と彼は言っていました。(386)
 しかし、長期的に見れば、労働しない人々を労働する人々に変えて行った方が社会が負担しなければならない費用は少なくて済むだろうと彼は述べているのです。
 (256)では、「本当の国策というものはインド国民の力を完全に生かし切るということ以外にない」と断言していましたね。
 ちなみに、等比級数とは等比数列の和のことです。幾何級数とも言います。(原文では幾何級数という用語が使われています)等比数列の公比が1より大きければその値は急激に増加していきますから、増加率が次第に大きくなっていく増え方を表現しています。
 ヨーロッパの近代教育を否定するガンディーですが、「ヒンド=スワラージ」の中で書かれていたように彼自身はかなり高度な教育を修めているのです。
 
しもかわ読書会5月例会の報告(4)傀儡政権、満州国 [2022年06月06日(Mon)]
 「しもかわ読書会」5月例会の報告の続きです。
 
●流石に、当時の日本も中国の東北地方を日本の一部にするわけにはいがないと思ったらしい。
●清朝最後の皇帝・溥儀を執政として、「満州国」を建国。
●しかし、満州国は事実上日本の傀儡国家だった。
●ロシアの支援でウクライナ東部に作られた国も、同じように傀儡国家と言われる。
●満州国は、満州国内の日本のすべての権利・権益を尊重。
●日満両国は共同して防衛に当たり、日本軍は満州国内に駐屯する。
●今のアメリカと日本の関係にそっくり。

 そして・・・     
                               (つづく)
| 次へ