CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年04月 | Main | 2022年06月»
強制的服従と自発的服従。 [2022年05月27日(Fri)]
(377)
 主人の命令に強制的に従わされるのであれば、それは奴隷状態と変わりありません。
 しかし、父親の命令に自ら進んで従うことは、息子としての名誉になるのです。
 ・・・
 
 

 「村に住む人々が貧しい境遇に置かれているというのは事実だが、彼らが村で暮らしているのは自発的な意志によってそうしているわけではない(375)」という話の続きです。
 ここから、「同じことをするとしても、強制されて嫌々ながら命令に従うのと、自らの意志によって喜んでそれに従うのでは、本質的に大きな意味の違いがあるのだ」ということをガンディーは強調するのです。
 「奴隷的な服従は人間にとって大いなる不幸である」ということに関しては、きっと多くの人が異論なく同意するだろうと思います。では、「いかなる命令にも従わず、完全に自分の意志のままに行動する」というのは果たしてどうでしょう?
 しかし、「自分の意志のまま、感情や欲望のままに行動することは、決して人間を幸福にしない」とガンディーは考えています。「ヒンド=スワラージ」の中で、彼はこう言っていました。「私たちが情欲に溺れれば溺れるほど、それらはますます制御できないものになってしまいます。だから、昔の人々は私たちの情欲の追求に制限を設けたのです」
 だから、人間にとって最も好ましいのは、力を持った他者への奴隷的服従ではなく、また自己の情欲への服従でもなく、道徳法則に対する自発的な服従なのだとガンディーは述べているのだと思います。
 そして・・・
第216回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(4)三大発明。 [2022年05月27日(Fri)]
 18日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●ルネサンスの三大発明と言えば、火薬・羅針盤・活版印刷術。
●実は、すべて宋の時代の中国で発明された。
●硝石・硫黄・木炭から火薬を作る方法によって、兵器が作られた。モンゴルも使った。
●中国の活版印刷は、普及しなかった。金属ではなく、焼き物だったらしい。
●漢字はいっぱいあるので、活字も非常に多く作らなければならない。
●磁石が北を向くことに気付いたのも中国人。
●真北より少しずれていることも分かっていた。

 そして・・・

                 (つづく)
| 次へ