CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年12月 | Main | 2022年02月»
最新コメント
最新記事
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
脱中央集権化。 [2022年01月12日(Wed)]
(247)
 この目標が達成されるために必要なのは、脱中央集権化です。
 中央集権というシステムは、非暴力による社会の建設とどうしても相容れないものなのです。

                     (「ハリジャン」1942年1月18日)
 




 「追求されるべき目的は、人間が幸福になること(246)」と述べた後、「そのためには脱中央集権化が必要だ」とガンディーは断言します。
 つまり、中央集権体制の国では人々の幸福は実現できないということです。政治的にも経済的にも、中央集権体制は巨大で暴力的で非人間的な力を生み出します。だから、「中央集権は非暴力の社会とは相容れない」と彼は言うのだと思います。
 では、どの程度の地方分権やローカリゼーションが望まれるのでしょうか? 彼の主張によれば、村単位の自立した政治経済、すなわち「村の自治」が目指されなければならないのです。
 
1月の予定について [2022年01月12日(Wed)]
  1月の定例学問会と読書会は、21日(金)、22日(土)、25日(火)、28日(金)、29日(土)のどれかにしようと思っています。(事情により、今月は日曜日は開催できません)
 「この日がいい」という希望がある人は、学長までお伝えください。どうぞよろしくお願いします。
12月定例学問会の報告(8)人間不要社会とベーシックインカム。 [2022年01月12日(Wed)]
 12月19日の定例学問会の報告の続きです。
 
●AIでもできる仕事は、人間にさせなくてもよくなるだろう。
●人件費よりも、コンピューターにかかる費用が安くなれば・・・。
●人間の仕事は、AIに置き換わっていく。
●最近、お金持ちの人たちが「ベーシックインカム」について言及し始めているのは、もしかして・・・。
●完全雇用政策を放棄しようということかも。

 そして・・・
                (つづく)
| 次へ