CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年12月 | Main | 2022年02月»
最新コメント
最新記事
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
何よりも大切なものは・・・。 [2022年01月10日(Mon)]
第6章 村の自治の基本原則

最優先課題は人間の完全雇用

(245)
 何よりも考慮されるべきなのは、人間です。

                 (「ヤングインディア」1924年11月13日)                    


 
 ここから、新しい章に入ります。章のタイトルは、「村の自治の基本原則」です。
 村の自治と言っても、村は決して社会の中で孤立した存在ではありません。ほかの村や、都市や、国家からの影響を受けます。また、外国からの影響も受けます。国境を越えた経済活動の巨大な力にもさらされます。現代であれば、環境や生態系の問題も重要です。
 さらに、村の中にも様々な人がいるわけで、いろいろと複雑な社会構造があるでしょう。
 つまり、村の自治を実際に進めていくためには、様々な要素、様々な側面、様々な視点、様々な基準、様々な問題意識の中で、何を最優先にするかということが非常に重要になってくるでしょう。
 これについて、ガンディーは端的に、「何り大切にされるべきなのは、『人間』である」と言い切っています。(225)などを読めば、それは人間ひとりひとり、個人の自由・尊厳ン・幸福を何よりも大切にしなければならないと彼は考えているのではないかと思われます。
 
第209回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(6)継承順位一位、でも安心できない。 [2022年01月10日(Mon)]
 12月15日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●藤原能信は、禎子内親王と連合を組んで頼通・教通に対抗する。
●禎子内親王の子どもは後の後三条天皇だが、当時の情勢では天皇になれそうもなかった。
●しかし、能信は娘を(後の)後三条天皇と結婚させて・・・。
●さらに、父の後朱雀天皇に働きかけて、後冷泉天皇の次は後三条ということにした。
●後朱雀天皇からも、後三条は結構気に入られていたらしい。
●というわけで、後三条は皇太弟になったが、安心はできなかった。

 ・・・

                  (つづく)
| 次へ