CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年11月 | Main | 2022年01月»
民主的なパンチャーヤット。 [2021年12月17日(Fri)]
(221)
 村の政治を指導する代表者会議は、5人の議員によって構成されます。その議員は規定された最低限の資格を持つすべての成年男女が参加する毎年の選挙によって任命されます。
 その議員には、必要とされるすべての権威と裁判権が与えられます。
 ・・・



 村の自治についてのガンディーの意見の続きです。
 さて、(217)では「協同に基づく村の自治」、そして(219)では「村の共同体の承認による非暴力の運動」について言及されていましたが、ここでは具体的に村の意思決定機関のあり方が示されています。
 パンチャーヤット(Pañchāyat)とは、インドの農村に古代からある伝統的な自治機関です。「パンチャ」とは、サンスクリットで「5」の意味なのだそうです。一般的には「村議会」と訳されるようなですが、ここでは「代表者会議」としました。
 ガンディーがここで言っているパンチャーヤットは、5人の代表者によって構成されるという点では既存のものと同じですが、「任期は1年」で「男女平等の普通選挙によって選出される」と述べられていることが注目されます。
 そして・・・
しもかわ読書会12月例会の報告(3)大衆とは? [2021年12月17日(Fri)]
 「しもかわ読書会」12月例会の報告の続きです。
 
●20世紀は、大衆が社会の中枢に躍り出た時代。
●「大衆」とは、階級的な概念ではない。
●大衆の対極にある存在を「貴族」と呼んでいるが・・・。
●お金持ち、ブルジョア、エリートを指すわけではない。
●「大衆(mass man)」とは、個性を失って群衆化した大量の人たち。

 そして・・・
         (つづく)
11月定例学問会の報告(11)ニーズはあるけど、ディマンドにはなりにくい。 [2021年12月17日(Fri)]
 11月28日の定例学問会の報告の最終回です。
 
●組織の中で仕事をするのは難しい。
●やりたい仕事ができるのは、やっぱり自営業。
●自分の持っている能力・技術によって、どんな価値を生み出すことができるか?
●それが、必要とされているものならば・・・。
●しかし、ニーズ(必要性)はあっても、ディマンド(需要)はないことも多い。
●小さく始めて、長く続ける。


 「下川わわわ大学」の12月定例学問会は、明後日、19日です。
| 次へ