CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年11月 | Main | 2022年01月»
最新コメント
最新記事
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
村の共同体の承認による非暴力の運動。 [2021年12月15日(Wed)]
(219)
 サティヤーグラハの手法による非暴力、及び非協力の運動は、村の共同体が承認するものとなるでしょう。
 ・・・
  


 村の自治についてのガンディーの意見の続きです。
 ここで、「サティヤーグラハ」という言葉が登場しました。これは、「受動的抵抗」よりもっと積極的な意味を表す用語とした考案されたものです。
 「村の自治」と言っても、もちろんもっと大きな国家的な政治権力の支配下にあるのは当然です。しかし、「ヒンド=スワラージ」の中ではっきりと「イギリス人によるものであろうとインド人によるものであろうと、横暴な支配はいかなるものも受け入れられません(1060)」と述べられていたように、不当な権力の介入に対して自治的な村は抵抗する権利があると彼は考えているのではないかと思います。それは、イギリス帝国の支配下であろうがインド人政府の統治下であろうが、変わりありません。
 その抵抗運動はもちろん非暴力でなければなりませんが、それは村を単位とした、共同体の承認に基づいたものでなければならないと彼は主張しています。
 では、共同体の意思決定は果たしてどのようになされるのか?
 それは、もう少し後の部分で言及されます。
 しかし、その前に・・・
11月定例学問会の報告(9)不登校の子どもは、学校に行かせなければいけない? [2021年12月15日(Wed)]
 11月28日の定例学問会の報告の続きです。
 
●学校に行くことは義務ではないのだが・・・。
●不登校に関する考え方は大きく変わった。
●大学の研究者が、世の中の変化に一番鈍感だったりすることも。
●学校の先生の気持ちも分かるけど・・・。
●学校は、先生のためにあるのか? そのために税金を払っているのか?

 そして・・・
                (つづく)
第208回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(8)中尊寺。 [2021年12月15日(Wed)]
 1日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の最終回です。
 
●遂に、東北地方の覇者となった清衡。
●清原姓から父の藤原姓に戻した。つまり、奥州藤原氏の祖となった。
●白河関から外ヶ浜まで。
●平泉に拠点を移し、中尊寺を復興する。
●中尊寺は、比叡山の円仁が創建。清衡が大規模な堂塔の造営。
●仏教の教えによる平和な社会を築く。
●有名な金色堂。やっぱり、東北には金がたくさんあったのかな。
●黄金の国・ジパングとは、東北地方のことだったのか?


 次回は、今日、15日(水)です。
| 次へ