CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年11月 | Main | 2022年01月»
最新コメント
最新記事
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
都市の中に平和はない。 [2021年12月03日(Fri)]
(207)
 何千万人もの人々が、お互いに平和的な関係を保ちながら都市生活を営むことが果たしてできるでしょうか? また、大邸宅に住みながらできるでしょうか?
 そうなった場合には、彼らは暴力や真実に反したやり方に訴えることはできないでしょう。
 ・・・



 「自由が達成された世界では、人々は村に住まなければならない(206)」という話の続きです。
 自由な生き方、平和な生き方は、都市で暮らしていてはできないとガンディーは断言します。
 都市には、分断があり、孤立があり、疎外があり、無関心があり、競争があり、管理があり、誘惑があり、虚偽があり、欲望があり、その他様々な激しい情念の葛藤があります。だから、「都市で暮らしていれば、お互いに平和にくらしていくのは不可能だ」と彼が言うのも分かる気がします。
 さらに、「大邸宅に暮らす人々は平和に生きられない」とも彼は述べています。粗末な家、のみならず、それに象徴されるような「簡素な生活」が必須であるということでしょうね。
 そして・・・
11月定例学問会の報告(3)分断状況の中で福祉国家をつくることは不可能。 [2021年12月03日(Fri)]
 11月28日の定例学問会の報告の続きです。
 
●国民の間に深刻な分断状況があり、不和・反目・敵対が至る所にあれば・・・。
●みんなで助け合いましょうという合意形成は難しい。
●自分と違う意見、違う立場の人も、自分が犠牲を払ってでも助けようという意志がなければ。
●福祉の充実を多くの人々が支持しているように見えた時代も確かにあったが・・・。
●格差を生み出す新自由主義的な路線を、なぜか多くの人々が支持している。

 そして・・・
                (つづく)
| 次へ