CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年10月 | Main | 2021年12月»
最新コメント
最新記事
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
大衆と苦楽を共にしない限り、その真の代表者にはなれない。 [2021年11月07日(Sun)]
(181)
 そういったことのすべてを実践しない限り、我々は決して真に大衆を代表する者にはなれないでしょう。
 そして、我々がそれを果たした時にはじめて、村人たちは我々のすべての呼び掛けに応えてくれるでしょう。それは、私が現にこの文章を書いているというのと同じくらいに確かなことです。
          (「ヤングインディア」1924年9月11日)



 インドの民族運動に取り組む知識人たちに、「村の中へ入って行け。そして、彼らと生活を共にせよ」とガンディーは呼び掛けます。
 彼らに対してガンディーは、「私たちは、理想的な村人にならなければならない。決して、現在の多くの村人と同じようになってはいけない(178)」と説く一方で、「村人たちを外から眺める者であってはならない。彼らと同じ労働をせよ(180)とも言っています。
 この2つの要求は互いに矛盾し合っているように感じられるかもしれません。しかし、そうではないのです。なぜなら、知識人たちが村人に教えたことが受け入れられるためには、決して村の共同体の外部者であってはならないからです。つまり、「これが科学的真理なのだ」とか「先進国ではこうしている」とか「有名な人がこう言っている」とか、単なる権威では大衆の意識や行動を変えることは決してできないということだと思います。
11月臨時学問会の報告(1)ようこそ、下川へ! [2021年11月07日(Sun)]
 10月定例学問会の報告がまだ少し残っているのですが、今日、モレーナで臨時学問会をしました。実は、昨夜、「最近下川町に移住してきた人が「下川わわわ大学」の学問会に興味を持っている」というお知らせを受けたので、急きょ、臨時学問会を開くことにしたのでした。
 このように、「興味がある」と意思表示すれば、誰でも「下川わわわ大学」の学生になれるのです。(入学試験はありません)そして、一人でも希望者がいれば、ゼミや学問会が開講されます。
 もちろん、まずは自己紹介。それから・・・

                (つづく)
10月定例学問会の報告(10)自民党総裁選。 [2021年11月07日(Sun)]
 10月10日の定例学問会の報告の続きです。
 もう、衆議院議員総選挙も終わってしまいましたが、この時は自民党総裁選をしていたのでした。

●総選挙より、自民党総裁選の方がテレビでたくさん報道される。
●事実上、総理大臣を決める選挙。
●でも、よく分からない自民党の総裁選挙。
●自民党員だけの選挙で事実上の総理大臣が決まってしまうなら・・・。

 そして・・・
                (つづく)
| 次へ