CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年10月 | Main | 2021年12月»
同じ国民が犠牲になっていても何も感じないのであれば・・・。 [2021年11月01日(Mon)]
(175)
 実に、この国の人口の75%は農民です。
 それなのに、彼らの労働の成果のほとんどすべてを我々が奪ってしまっているとしたら、あるいは自分が直接そうしているのではないにせよ、他の誰かが奪うのを許しているとすれば、我々に自治の精神があるとは到底言えないのです。



 これも、都市と村についてのガンディーの発言です。
 この時代、インドの農民人口は全国民の75%を占めていたそうです。現在のインドは、約50%のようです。独立後も、都市化・産業化が着実に進んでいるということですね。
 さて、その村と都市との関係ですが、ガンディーは一貫して、「インドの農村は、都市から、あるいは都市を通じて搾取されている(163)」と述べています。
 そしてここでは、この問題が特に自治の観点から論じられています。すなわち、「同じ国民の苦しみに対して冷淡であるということは、国民としての連帯感が欠けているということだ。それは、自治の精神が欠如しているということだ」とガンディーは訴えるのです。
 これは、現代の国家についても言えると思います。都市と地方、あるいは中央と辺境の問題、それから所得階層や経済状況の違いから生じる諸問題、もしもこれらの問題を「国民的課題」と認識できないのであれば、国民の間に大きな隔たり、溝が出来てしまうことになります。そうした状況の中からは、確かに真の自治の精神、独立国家の国民という意識は生れて来ないのではないかと思います。  
第206回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(10)昔の隅田川は、今の隅田川ではない。 [2021年11月01日(Mon)]
 10月13日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●昔の隅田川は、大体今の中川から足立・葛飾の区境を通って今の隅田川に通じていた。
●しかし、今の隅田川から東の方に分れる流れがあった。
●今の曳舟駅辺りを通って、亀戸の方へ。
●だから、東京スカイツリーは古代から武蔵だったことになる。
●この辺りは、武蔵の国の豊島郡だった。

 そして・・・

                  (つづく)
今週の予定 [2021年11月01日(Mon)]
 今週の予定です。
 

 【楽しく学ぶ歴史ゼミ】
 第207回楽しく学ぶ歴史ゼミ
 日時  11月3日(水)
     12時半〜13時半
 場所  西町キャンパス
 内容  前九年の役


 誰でも参加できます。どうぞよろしくお願いします。
| 次へ