CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年09月 | Main | 2021年11月»
最新コメント
最新記事
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
多くの人々が、飢餓線上の生活を余儀なくされている。 [2021年10月30日(Sat)]
(173)
 その一方で、彼らが認めているのは次のような事実です。
 「多くの人々が飢餓線上の暮らしをしている」
 「10%の人々が、半ば飢餓の状態に置かれている」
 「数百万の人々が、白米もしくは炒った穀物にひとつまみの薄汚れた塩と唐辛子を付けて食べられれば満足しなければならないような境遇で暮らしている」
 ・・・



 「何人ものイギリス人官僚が、インドの人々の生活実態についての記録を残している(132)」という話の続きです。だから、ここで「彼ら」と呼ばれているのはインドの植民地行政に携わっていたイギリス人官僚たちのことです。
 その証言によれば、植民地時代のインドの農村に住む人たちの食料事情はかなり深刻なものだったようです。その原因は、ガンディーの見解では、「インドの農村が都市から、あるいは都市を通じて搾取されていたから(163)」だというのです。
 そして・・・
10月定例学問会の報告(8)どうして共産党はそんなに敵視されるのか? [2021年10月30日(Sat)]
 10日の定例学問会の報告の続きです。
 
●共産党がこれほどまでに敵視されるのはなぜか?
●その原因は、敵視される方ではなく敵視する方にある。
●労働組合が共産党を敵視するのは、どういうことなのか?
●昔はいろいろあっただろうけど、今は労働者階級同士でケンカしてる場合じゃない。
●共産党よりも怖くて危険な公安。
●一体、誰が得をしているのだろうか?

 そして・・・
                (つづく)
| 次へ