CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年09月 | Main | 2021年11月»
最新コメント
最新記事
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
都市を彩る華やかな富は、貧しい人々の流した血である。 [2021年10月09日(Sat)]
(154)
 インドの都市に行けば、そこには富があるように見えます。しかし、思い違いをしてはなりません。それらはイギリスやアメリカからもたらされたのではないのです。
 最も貧しい人々から流された血が、その姿を変えて富となっているのです。
 ・・・
 

 
 ここから新しい文章になります。しかし、これと同様の趣旨のことは既に(150)で述べられていましたね。
 都市に行けば、そこには色とりどりのネオンサインがあり、天を衝くような高層ビルが建ち、鉄道や自動車がひっきりなしに往来し、人々は華やかな服を着て、店には多種多様な商品が溢れ、ほかにも酒場や映画館や音楽堂や遊園地や、本当に限りない娯楽の場がある。確かに貧しい人々もいるが、贅沢で華美な暮らしを楽しんでいる富裕層もいる。きっと都市で幸運をつかんで成功することができれば、誰にでもあんな豊かな生活を送る機会が開かれているのだ。そのように思えるかもしれません。
 しかし、それはまったくの幻想であり、錯覚なのです。第一に、そのような豊かさを享受できるのはほんの一握りの人たちに過ぎません。しかも、決して彼らが幸福であるとは限らないのです。
 そして第二に、この都市に存在しているように見える富は、実は貧しい人々の流した血なのである。このようにガンディーは言うのです。
 そして・・・
しもかわ読書会9月例会の報告(8)もともと、無理だった計画。 [2021年10月09日(Sat)]
 「しもかわ読書会」9月例会の報告の続きです。

●海上輸送は、制空権の確保なしには失敗は必至。
●夜襲のため、密かにジャングルの中を移動するが・・・。
●ろくな地図もなく、さらに磁石が磁針偏差を起こした。
●ジャングルの中で、道に迷ってしまう兵士たち。
●攻撃開始期日に部隊が集結できない。そもそも、計画自体が無茶だった。

 そして・・・
                       (つづく)
9月定例学問会の報告(13)道北及び宗谷本線の活性化のために [2021年10月09日(Sat)]
 9月12日の定例学問会の報告の続きです。
 
●東武動物公園のカバ園長を呼んできて、名寄動物公園とか。
●でも、旭山動物園があるしなあ。
●名寄駅裏の大規模宅地開発、名寄の家賃の価格破壊。
●住む人が増えれば、お店もできる。
●新幹線の新名寄駅、でも在来線がなくなるならいらない。


 「下川わわわ大学」の10月定例学問会は、明日、10日です。
| 次へ