CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年09月 | Main | 2021年11月»
最新コメント
最新記事
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
自給自足と自立。 [2021年10月08日(Fri)]
(153)
 それを実現させるために主として必要なのは、我々の村が自給自足と自立を実現できるようにすることです。
 しかし、注意してください。ここで述べた自給自足という概念を、くれぐれも狭量な考えと勘違いしないで欲しいのです。私の言っている自給自足には、決して自分さえ良ければ良いという考えや自らを誇る尊大さなどが入ってくる余地はまったくないのです。

               (「Hindustan Standard」1944年12月6日)


 
 「現代文明は都市の文明であるが、我々は村の文明を目指したい(147)」という話の結論部分です。
 都市の文明から村の文明へ(グローバリゼーションからローカリゼーションへ)の転換は、国家主導ではなく、また大企業が地方に投資や生産拠点を分散させるというような都市からの働きかけを待つのでもない。変革の波は、まさに村々から起こしていかなければならない。そういうことだと思います。
 そのためには、インドの村々が自給自足と自立を実現しなければならないと彼は言います。「自給自足」は"self-sufficiency"(自己において充足すること)、「自立」は"self-reliance"(自己を信頼し、自己に依拠すること)です。
 それは、上に書いてある通り、孤立主義でも利己主義でも排外主義でもありません。自給自足は「スワデシ」、そして自立は「スワラージ」と同じ意味だと言ってよいのではないでしょうか?
9月定例学問会の報告(12)名寄高校駅開業に向けて。 [2021年10月08日(Fri)]
 9月12日の定例学問会の報告の続きです。
 
●名寄高校駅が、開業しますね。
●名寄高校の通学だけを当てにするのでは、あまりにも無策。
●名士バス・道北バス・なよろうバスは?
●高校以外に、何を作るか?
●輪行や車椅子で利用しやすい駅に。
●名寄高校駅を道北の輪行の聖地、拠点駅にしたら?

 そして・・・
                (つづく)
しもかわ読書会9月例会の報告(7)日本軍の作戦遂行の特徴的な欠陥。 [2021年10月08日(Fri)]
 「しもかわ読書会」9月例会の報告の続きです。
  
●敵を侮ることによって自らの矮小を糊塗し・・・。
●矮小の規模において敵を測定し・・・。
●敵を圧倒するだけの総合戦力の組織化と集中を怠り・・・。
●兵力の集中と補給の確保なしに、同時に複数の作戦正面を構える。
●その犠牲となったのは、数万の前線将校。

 そして・・・
                       (つづく)
| 次へ