CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月»
最新コメント
最新記事
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
一部の人だけが恩恵を受けるのではなく、すべての人が恩恵を受けられるような・・・。 [2021年09月04日(Sat)]
(119)
 もちろん、労働が軽減されて自由な時間が増えるのは私も望ましいことだと思います。
 しかし、その恩恵を受けるのは人類のうちごく一部ではなく、すべてでなくてはなりません。
 ・・・



 機械についてのガンディーの論評の続きです。
 「人間の労働を軽減してくれる機械」へ熱烈な人々の支持に対し、彼は異論を唱えています。(118)
 「機械が進歩し、普及すれば、その分だけ人間の労働が軽減されるのは当然ではないか?」と思う人も多いでしょう。しかし、ガンディーが問題にしているのはその社会的な影響です。「機械によって労働が軽減される。そのことによって恩恵を受けるのは誰か? そして、その恩恵は果たして公平で普遍的なものになっているか?」と彼は問うのです。
 例えば、機械化によって人々の労働時間は本当に減ったのでしょうか? もちろん、同じ生産量に対する労働時間を考えれば減少したでしょう。けれども、実際にはそれ以上に生産量が増大し、また労働人員も減らされることになったでしょう。だから、労働者一人の労働時間はそれほど減ってはいないのではないでしょうか?
 また、機械化による利益はどのように分配されるでしょう? 機械の導入によって生産性が上がったとすれば、その利潤を手にするのは資本家階級の人たちです。労働者は、機械との競争、さらには労働者同士の競争にさらされ、結局は安い賃金で自らの労働を売らなければなりません。しかも、自らの生活に必要な機械を購入するための資金も生きていくための所要コストに加えられ、それを現金収入として得なければならなくなってしまうのです。
 そして・・・
8月定例学問会の報告(5)アメリカに服従する保守・右翼 [2021年09月04日(Sat)]
 8月22日の定例学問会の報告の続きです。
 
●アメリカ軍にたくさんの人を殺されたのに・・・。
●どうして日本人はアメリカを恨まず、憎まず、何でも無抵抗に受け入れるようになったのか?
●戦争中は、「鬼畜」と呼んでいたのに。
●保守とか右翼とか呼ばれる人たちでさえ、対米従属を容認あるいは支持している。
●しかし、日本で起こったような変化はイラクやアフガニスタンでは起こらなかった。

 そして・・・
                (つづく)
| 次へ