CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年01月 | Main | 2021年03月»
最新コメント
最新記事
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
それは、ぼくたちのことだ。 [2021年02月28日(Sun)]
(1104)
<読者>
 そうですね。ぼくたちの議論の目的に焦点を当てて考えるならば、インド国民というのはまさに今までぼくたちが検討の対象にしてきたような人たちのことではないでしょうか。つまり、ヨーロッパ文明の影響を受け、そして祖国の自治の実現を強く願っているような人たち、要するにぼくたちのことです。



 「国民に対しては、何とおっしゃいますか?」という若い読者の質問(1102)に対して、「国民とは誰のことですか?」とガンディーは問い返しました。そこで、若い読者は上のように答えます。
 つまり、インド国民というのはインドに住むすべての人を意味するのではなく、宗教・言語・文化の面でインド人としての民族的アイデンティティを持つ人一般でもなく、インド人としての民族意識を持つ人々のことだというのです。それは、主として知識人階級であり、そのほとんどは多かれ少なかれヨーロッパ文明からの影響を受けていた人たちです。
 それ以外の大多数のインド民衆は、「自分はインド人だ」という意識を特に持たずに暮らしていたのでしょうね。インターネットはもちろんテレビもラジオもない時代、飛行機も自家用車もない時代です。鉄道はあっても地方に住む農民が利用するものではなく、新聞はあっても字を読めない人には何の影響も及ぼさないものだったでしょうから、多くの人々は民族意識というようなものとは無縁の生活をしていたのだと思われます。
 さて、この若者の答えを聞いたガンディーは・・・
第193回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(8)司馬光と蘇軾。 [2021年02月28日(Sun)]
 10日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●旧法派も、頑強に新法に反対した。
●そのリーダーは司馬光、若手では蘇軾。
●文人としても有名、政治では対立しても文人としては尊敬しあっていた。
●王安石が宰相になると、司馬光は中央政界から離れて、歴史書「資治通鑑」の執筆に専念した。
●しかし、その後に神宗が亡くなると、司馬光は宰相に復帰した。

 
 そして・・・
                  (つづく)
| 次へ