CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年01月 | Main | 2021年03月»
最新コメント
最新記事
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
お互いに学ぶべきことがある。 [2021年02月24日(Wed)]
(1100)
 そして、もしもあなたがたがそのような条件を満たしながらインドに居続けるのであれば、我々インド人があなたがたから学べることもいくつかはあるでしょう。また、あながたがたの方でも我々から学ぶことがたくさんあるでしょう。
 


 イギリス人に対するガンディーのメッセージも、いよいよ大詰めを迎えてきました。
 「我々の要求が完全に満たされる場合においてのみ、あなたがたはインドに留まることを許される(1099)」とガンディーは言いますが、逆に言えば、「あなたがたが我々の要求を受け入れるならば、ずっとインドにいても良い」という寛容な態度を示しているとも考えられます。過激な民族主義者である若い読者が「インドにいるイギリス人は病原菌のようなものだから、絶対に排除しなければならない(624)」と主張していたのと比べれば、それは大きな違いであると言っていいでしょう。
 そして、「インドが自治を実現するためには、ヨーロッパ文明を断固として拒否しなければならない」と力説するガンディーですが、イギリス人が態度を改めるならばインドがイギリスから学ぶこともいくらかはあるだろうと述べています。ただし、「イギリス人がインドから学ぶことはもっとあるだろう」とも言っています。インド文明に対する彼の自信は、それほど強固なのです。
 さて、彼はさらに続けて・・・

第193回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(6)王安石の改革。 [2021年02月24日(Wed)]
 10日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●神宗の信任を得た王安石は、思い切った改革に着手する。
●官僚が増え過ぎて、国家の財政を圧迫した。
●遼や西夏への贈り物や軍備にもお金がかかった。
●そして、貧困に苦しむ農民たち。
●農民の生活や産業の発展を助け、しかも国家の収入も増やさなければならない。

 そして・・・

                  (つづく)
第122回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(5) [2021年02月24日(Wed)]
 17日の第122回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の最終回です。
 
●多くの子どもが親からしてもらっていることは、決して当たり前ではない。
●親に対する義務を果たすとは、どういうことなのか?
●単に、塾に通っていれば親は喜ぶのではない。
●テストでいい点を取ることで、義務を果たしたと言えるのか?
●高学歴を手に入れれば高収入が約束されるわけではない。


 第123回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」は、今日、2月24日(水)の18時からです。
 
| 次へ