CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年01月 | Main | 2021年03月»
我々の要求が完全に満たされなければ・・・。 [2021年02月23日(Tue)]
(1099)
 我々の要求が完全に満たされる場合においてのみ、あなたがたはインドに留まることを許されます。



 当時インドを支配していたイギリス人に対するガンディーのメッセージの続きです。
 彼が示した要求とは、「イギリス人はインド人からの経済的搾取や富の収奪をやめよ」「イギリス人はインド人の宗教を尊重しなければならない」「イギリスの教育や裁判制度はインドにいらない」「インドの公用語は英語ではなくヒンディー語である」「鉄道にも軍隊にもお金をかけるべきではない」「インドをイギリスの工業製品の市場とすることを断念せよ」というような内容です。そして、「これが受け入れられないのであれば、我々はもうあなたがたには従いません(1087)」ときっぱり宣言するのです。
 もちろん、軍事力で戦えばインドがイギリスに勝てる見込みはまったくなかったのですが、「魂の力で戦うならば、我々は決してあなたがたに負けはしない」とガンディーは言うのです。この場合の「魂の力」とは、無論のこと昔の大日本帝国のような精神主義とは別次元のものです。(829)
 そして・・・
第122回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(4) [2021年02月23日(Tue)]
 17日の第122回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●生徒の学力を上げることは教師の義務ではあるが、生徒の義務ではない。
●ただし、教師にできるのは間接的な支援だけ。
●教師の指導に従うのは、義務というよりも成果を出すための条件。
●教育とは、可能性を見出し、それを伸ばそうということなので・・・。
●できない生徒を見捨てるということは、あまり考えられない。
●教師に対する義務はないが、親に対する義務はある。

 そして・・・

          (つづく)
2月定例学問会の報告(5)原子力緊急事態。 [2021年02月23日(Tue)]
 7日の定例学問会の報告の続きです。
 
●今の日本に出されているのは、新型コロナウイルスの緊急事態だけではない。
●原子力緊急事態も。
●事故が起こってしまったら・・・。
●寿都や神恵内の「核のゴミ」は、どうなってしまうのか?
●電気自動車の電気は、どうするのか?

 そして・・・
                (つづく)
| 次へ