CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年01月 | Main | 2021年03月»
我々の協力がなければ、あはたがたは一歩も前に進むことができない。 [2021年02月12日(Fri)]
(1089)
 しかし、あなたがたが我々の意志に反した振る舞いをするならば、我々はもうあなたがたに協力しません。そうなれば、あなたがたは一歩も前に進むことができないと我々は知っているのです。
 


 当時インドを支配していたイギリス人に対するガンディーのメッセージの続きです。
 「もし、あなたがたがインドを統治したいと望むならば、我々の求める条件を満たせるようにせよ。さもなくば、我々は被統治者としての立場を拒否する」と彼は宣言します。もちろん、イギリス帝国が暴力によってインド人に様々な迫害を加え、恐怖によって服従を強いるであろうということは十分に承知の上でです。
 しかし、いかなる暴力にも屈しないと彼は言います。暴力に対して暴力で対抗しようとするのではなく、どんな暴力を受けても断固として不服従を貫くという決意を表明するのです。そして、民衆が協力を拒めば、どんなに強大な権力も決して自らの政治的意志を実現させることはできないし、そもそも存続さえできないのだという信念を示します。
 このことは、(860)で実際に起こった事例として語られていましたね。
 そして・・・
2月定例学問会の報告(2)人間とウイルスの相利共生。 [2021年02月12日(Fri)]
 7日の定例学問会の報告の続きです。
 
●人類がウイルスに打ち勝つことはできないだろう。
●でも、和解することはできるかもしれない。
●感染しても人間に害を及ぼさないウイルスもある。
●人間に有益な働きをするウイルスだってある。
●例えば、ウイルスの力で光合成ができるようになったら。
●ま、それは無理だと思うけど。

 そして・・・
                (つづく)
しもかわ読書会1月例会の報告(5)大規模化した方が儲かるのではなくて・・・。 [2021年02月12日(Fri)]
 「しもかわ読書会」1月例会の報告の続きです。
 
●増産しても、価格は下がるから農家はやっていけない。
●農業をやめるか、さらに生産を増やすしかない。
●大規模になれば経営が良くなるのではなくて・・・。
●経営が苦しいから大規模にせざるをえない。
●アメリカ政府が農業者を喜ばせるには、日本に農作物を売るしかない?

 そして・・・

                     (つづく)
第121回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1) [2021年02月12日(Fri)]
 一昨日は、第121回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」を開催しました。
 R君、今日のテーマは何ですか?
 「今日は、別にテーマというのはないんですが、ちょっと聞いてもらいたい話があるんですよ」
 はい。どんなお話ですか?
 「実は、この前テストがあったんですけどね。でも、決して点数や順位にこだわっているわけじゃないですよ」
 うん。分かりましたよ。それで?
 ・・・

                       (つづく)
| 次へ