CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年01月 | Main | 2021年03月»
第192回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(4)平和はお金で買えるのか? [2021年02月02日(Tue)]
 1月27日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●宋は、契丹(遼)にたくさんのお金(絹と銀)を支払ったが・・・。
●戦争や軍備にかかるお金は節約できた。
●戦争が終わって、宋は経済的にも文化的にも大いに繁栄した。
●戦後のある時期までの日本に似ているのかも。
●しかし、遼への絹と銀の支払いは宋の財政を圧迫したとも言われる。

 そして・・・

                 (つづく)
第119回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(5) [2021年02月02日(Tue)]
 1月27日の第119回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の最終回です。
 
●大人になってもたまにテストはあるが・・・。
●仕事の能力はテストで測られるものではない。
●自分のやりたいことがやれている大人であれば・・・。
●子どもの時の学校の成績が悪かったとしても、別に不都合はない。
●逆に、子どもの時に成績が良かったとしても自慢にはならない。


 第120回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」は、明日、1月27日(水)の18時からです。
1月定例学問会の報告(5)文化について。 [2021年02月02日(Tue)]
 1月17日の定例学問会の報告の続きです。
 
●火の使用は、人類に受け継がれていった。
●昔の進歩はゆっくりしたものだったろうが、急いで進化させようとも思わなかっただろう。
●時間はかかるが、暴走はせず、着実に。
●無理をして文化は創れない。
●価値・魅力・必要性があれば、自然に受け継がれていく。

 そして・・・
                (つづく)
インドの共通語は英語ではありません。 [2021年02月02日(Tue)]
(1079)
 インドの共通語はヒンディー語です。英語ではありません。
 だから、あなたがたがインドにいたいのであれば、ヒンディー語を学ぶべきです。我が国の言語を用いるのでなければ、あなたがたは我々と意思疎通をすることができません。
 
 

 当時インドを支配していたイギリス人に対するガンディーのメッセージの続きです。
 インド人の宗教を尊重すること、インド古来の教育や裁判の制度を復活させること、これらに続いてガンディーが要求するのは、インドにおける共通語はインド人の言語でなければならないということです。
 この章は、最終章であるだけあって、今までの議論の総括になっています。「ヒンディー語をインドの共通語にするべきである」という主張は、(972)で述べられていました。もちろん、すべてのインド人が話す言語をヒンディー語に統一せよと言っているのではありません。多様な言語の存在を前提としつつ、共通語としては英語でなくヒンディー語でなければならないと言っているのです。
 そして・・・
| 次へ