CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main | 2021年02月»
あなたがたが自分の統治者であることを私は認めます。 [2021年01月16日(Sat)]
(1063)
<編集長>
 イギリス人に対しても、私は敬意を持ってこう言うつもりです。
 「私は、あながたがたが自分の統治者であるということを認めます。
 ・・・



 「イギリス人に対しては、何とおっしゃいますか?(1062)」という若い読者の問いに応じて、ガンディーはイギリス人へのメッセージを語り始めます。
 しかし、いきなりこんなことを言ってしまっていいのでしょうか?
 これはつまり、イギリス人によるインド支配を承認・容認・追認するということにほかならないのではないでしょうか? しかし、ガンディーは、穏健派の人たちに対しては「イギリスの存在がインドにとって必要だなどとは言うべきではない(1053)」と述べていたのです。それなのに、イギリス人によるインド統治をこのようにあっさりと認めてしまうなんて。・・・彼の真意は、一体どこにあるのでしょうか?
 ・・・
12月定例学問会の報告(9)光は、どこにある? [2021年01月16日(Sat)]
 12月6日の定例学問会の報告の続きです。
 
●世の中、いろいろおかしいですね。
●政治家や官僚には、期待できそうもない。
●では、どうすればよいのか?
●希望の光は、救いのビジョンは・・・。
●やっぱり、森にある。


 「下川わわわ大学」の1月定例学問会は、明日、1月17日です。
| 次へ